August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スマラ・ラティのスピリット・オブ・バリ

今回、楽しみにしていたのがスラマ・ラティのスピリット・オブ・バリ。
毎週火曜日の公演なので、それに合わせてウブド観光を計画してました。

会場に20分ほど前に入ったところ、前から3列目。
以前にティルタ・サリの公演を見に行ったときは30分以上前に行って
最前列を確保できていたので、ちょっとがっかり。

定刻の19:30より少しだけ遅れて公演が始まりました。

LEKESANルクサン(レクサン)
力強い演奏のガムランです。
2001年のアートフェスティバルのために作られた曲で、インドネシアの混乱状態を表現しているとか。
演奏している人の楽しそうな表情が印象的でした。

GADUNG MALATI
GADUNG MELATIガドゥン・ムラティ
2003年に創作された歓迎のダンスです。
ペンデットとほぼ同じ感じで、「レゴンダンス」と聞いてイメージするダンスです。

アノム氏のバリス
BARIS TUNGGALバリス・トュンガル戦士が、敵の気配を恐れながらも未知の世界へ足を踏み入れていく様子を表現した踊り。
リーダーのアノム氏が踊ります。力強く、繊細な表現に感動しました。

LEGONG JOBOGレゴン・ジョボック
ラーマヤナからのお話で、魔物を退治しに行った猿王兄弟が最後は争う物語です。

極楽鳥の踊り
CENDRAWASIHチャンドラワシ極楽鳥のダンスで、雄鳥と雌鳥が登場、求愛するダンスです。
翼に見立てた衣装をひらひらとさせ、華やかなダンスです。

トペン トュア
TOPENG TUAトペン トュア
トペン(仮面)ダンスで、老人が思い通りに動かなくなった体を嘆き悲しむ様子を踊ります。
なかなかの芸達者ぶりに、子供たちも喜んでいました。
次男はおじいさんだけなのが不思議なようで、
「おばあちゃんまだ生まれてないのかなあ」と繰り返してました。

OREG TAMULILINGANオレッグ タムリリンガン
花畑で楽しんでいる雄と雌の蜜蜂を表現したダンスです。
軽やかな動きが楽しめます。

私は、以前見たティルタ・サリより、スマラ・ラティのほうが感動しました。
ティルタ・サリは同じような演目が続いたのですが、
スピリット オブ バリは、バラエティに富んでて飽きませんでしたし、
手の動きとか細かい部分が、繊細な感じがしました。
でも、ティルタ・サリも、スマラ・ラティも両方おすすめです。

中2の長男も、とても感動したようでしたが、
小2の長女、年中の次男は、今朝見たバロンダンスのほうが面白かったようです。
長女も、演奏者が楽しそうな表情だったのが印象的だったようで、
「ずっとニコニコしていたね」と何度も言っていました。

スピリット オブ バリ SPIRIT OF BALI
by スマラ ラティSEMARA RATIH
公演場所:クトゥ村寺院(ウブド)Jaba Pura Desa Kutuh
公演日時:毎週火曜日19:30〜21:00
入場料:大人50万ルピア、こども25万ルピア

大人も子供も大満足!ウルワツ寺院のケチャダンス

そんなに期待していなかったのに、大人も子供も大満足だったのが、
ウルワツ(ウルワトゥ)寺院のケチャダンス(ケチャックダンス)でした。

ウルワツ寺院のサンセット

出発前にウルワツのケチャの評判を調べたところ、
ウブドのトレナ・ジェンガラより出演人数が少ないのでトレナ・ジェンガラのほうがいいとか、
海に沈む壮大な夕陽を背景にした断崖絶壁のロケーションが抜群なのでウルワツがおすすめとか、
賛否両論ありましたが、おおむね評判がよく、
今回最初と最後に滞在するサヌールとヌサドゥア・べノアでは
東向きで夕陽が見られないので、夕陽を見たいという気持ちもあり、
もし見るならウルワツで見ることにしました。

ケチャックダンスを見たことがなかったので行きたいとは思ったのですが、
すごく見たいというわけでもなかったので、
当日夕方「このままもう少し泳ぐ?それともお猿の出るダンス見に行く?」とこどもたちに聞いたところ、
ダンスを見に行くというので、着替えて5時過ぎにホテルを出発。

焼肉のサマサマレストランに電話をして、ウルワツへの迎えもOKとのことなので
19時に迎えに来てもらうことにしました。

ホテルを出る際に警備員が道路を渡らせてくれようとしたので、
タクシーに乗って出かけると言ったら、
警備員の友人?(一部利益をもらっている感じ)の車でどうかとのこと。
運転手と車を見るとけっこうきれいなワンボックスです。
片道10万ルピア、往復なら15万ルピアとのこと。
タクシーで行っても10万ルピアはかかるとのことなので、
いいじゃないと思ったのですが、長男がやめておこうというので、タクシーでウルワツへ。
30分ちょっとかかって到着。メーターはほぼ10万ルピア。
往復すると20万ルピアなので、
べノアのグランド・ミラージュ・バリから往復するなら、
警備員に、ウルワツに行くんだけどとか声を掛けてもいいかもしれません。

普通にタクシーで行っても、帰りまで待ってようかと聞かれましたので、
流しのタクシーはいませんが、チャーターしなくても、大丈夫だと思います。

入り口でお寺の拝観料3千ルピア(39円)を払います。
子供は半額なのか、次男は無料なのか、9千ルピアと言われました。

こっちかななどと言っていたら、おじいさんが来て案内してくれたのですが、
勝手ガイドで、後で「マネー」と言われてしまいました。(無視してしまいました。)

ダンスの鑑賞料は、大人5万(650円)ルピア、こどもは半額の2万5千ルピア(325円)です。

サンセットを背景にケチャダンス
まずは、チャッ、チャッ、チャッ、チャッという声に合わせてのダンス。

20人ぐらいだったなどと書いてあったのもありましたが、数えてみたら42人でした。
子供が出演していたと書いてあるサイトもありましたが、子供の出演者はいませんでした。
近隣の村の複数のチームが、交代で出演しているのかもしれませんね。

チャッ、チャッ、チャッだけではなく、
数種類のコーラスがうねるような感じで、なかなか迫力があります。

その後ラーマヤナのストーリーに沿って、王子とお妃様、悪い大王、猿などが出てきて踊ります。
王子たちのダンス
王子やお妃様のダンスもけっこう本格的でした。
日本語でストーリーを解説した紙をくれますので、
小2の娘も紙を見ながら楽しんでいました。

サンヒャン・ジャラン
最後のサンヒャン・ジャラン(トランス状態で火の上を歩く)は白猿が歩いたのですが、ものすごい炎ですごい迫力でした。

ケチャ鑑賞の後、白猿と記念撮影
ダンス鑑賞後は、出演者と記念撮影できます。
長女と次男は白猿ハノマン将軍と、私もお妃様と記念撮影しました。

子供たちもとても喜んで見ていましたし、
大人の私も、中2の長男もとても楽しめました。
あまり行く気がなかったのですが、行って本当によかったです。

寺院出口で焼肉レストランサマサマの方と会えなかったのですが、
すぐにSAMASAMAと書かれたバンを発見。
バンのそばで待っていると、10分ぐらいで運転手さんが戻ってきて、
無事にレストランに向かえました。

ウルワツ寺院Pura Ulwatu拝観料:3,000ルピア(こども半額?)
ケチャ:18:00〜19:00
    料金50,000ルピア(こども25,000ルピア)
      

バリ島のサンセットを眺めながらフランス料理☆マジョリー

今回いちばん楽しみにしていた食事がマ・ジョリーMa Jolyでの夕陽を見ながらのフランス料理。

マジョリーはビーチより一段高くなっています
マ・ジョリーはトゥバン(クタの南)のオン・ザ・ビーチのレストランですが、
ビーチからは一段高く、階段を上るので、ビーチを歩く人などの様子は気になりません。

今回、我が家はパトラ・バリ・リゾート&スパに滞在していましたので、
ホテルからビーチ沿いに10分ほど歩いて、行きました。

夕方のビーチは、ビーチバレーに興じる人々がいっぱいでした。

マジョリーのテラス席
ビーチを見渡すテラス席は7席あり、真ん中のほうが左右の見通しが聞くので
いい席なのですが、今回は子連れのせいか、いちばん南側に席が用意されていました。
この席、前に植え込みがあるので、眺めはイマイチですが、
となりにビーチのように砂が入った広いスペースがあるので、
そこなら、こどもが立っていても、他の方の迷惑になりません。
(スペースがあるから立ちたがるということもありますが...)

素敵なマジョリーのテーブルセッティング
今回、マ・ジョリーのサイトhttp://www.ma-joly.comから予約したところ、
ご覧のように、私たちのテーブルだけ、素敵なアレンジメントが用意されていました。

キッズメニューも用意されているのですが、
スパゲティミートソース(ボロネーズ)が6万4,000ルピア(約800円)と、
大人メニューのスパゲティと同じです。
アイスやドリンクがついているお得なメニューではありませんので、
両方見て、こどもの好きそうなメニューを選んであげてください。
我が家は、さっさとキッズメニューから、
フィッシュ&チップスとミートソースを選んで注文してしまい、
大人メニューを開いてビックリしてしまいました。
両方ともすごい量でしたので、半分以上残してしまいました。

中学生の息子は、カルボナーラを選び、
私はメインにツナトロステーキ、
前菜にはアボカドを使ったちょっとメキシコ風の一品を選びました。
このツナトロステーキはおすすめです。前菜もおいしかったです。

アイスはこども3人が頼んだごく普通のアイスが3万ルピア、
私が頼んだ、ちょっと凝ったデザートも3万2千ルピアとほぼ同じ値段でした。
心に残るディナーでした
飲み物に、スイカジュースを2つ、ビンタンビールを2杯頼み、
お会計は618,130ルピア(8,035円)でした。

我が家の注文した前菜・メイン・パスタ
Salade de crevettes et avocats – Sauce à la coriandre
サラダ・デ・クレヴェッテ・アボカット
Rp 50,000
マッシュド・アボカドとトルティーヤを添えたクルマエビのサラダをコリアンダーのヴィネグレット・ソースで

Thon « Toro »au poivre vert de Sumatra
トン<トロ>オ・ポワー・ヴェー・デ・スマトラ
Rp 75,000
トロのステーキをグリーンペッパーソースで

Spaghetti « Carbonara » 
スパゲッティ<カルボナーラ>
Rp 64,000
スモーク・ビーフとガーリック・クリームに卵黄をあえたスパゲッティ

Spaghetti “Bolognaise”
スパゲッティ<ボロネーゼ>
Rp 64,000
ミートソースとグラノ・パダノ・パルメサンチーズのスパゲッティ

私のもうひとつのお気に入り、
ラ・ルッチオーラと較べると、
ラ・ルッチオーラのほうが、カジュアルで子連れで行きやすい雰囲気。
マ・ジョリーのほうがよりロマンティックな雰囲気で、
ほかのテーブルが気にならない。
と言った感じでしょうか。

お値段は両方とも、雰囲気の割にはずっとお手ごろで、おすすめです。

マ・ジョリーMA JOLY
住所: Jl. Wana Segara Tuban Bali
電話: +62 361 753780  
FAX: +62 361 753781
e-mail: reservation@ma-joly.com


<2007.1.28追記>
私が食べた
「アボカドディップとトルティーヤ、エビのサラダ」
「マグロのグリーンペッパーソース」
をマジョリーで食べた方のブログ記事がありましたので、
お料理の写真が見たい方はご参照ください。
ばりちゅう<バリ旅行記 06’GW (2日目ディナー@マ・ジョリ)>

<2007.3.4追記>
BALI GATES.COMマ・ジョリーのウエルカムドリンクサービスのクーポンを見つけました。
(2007.6.30でクーポンは終了したようです)
料理のメニューも詳しく載っています。

<2007.3.21追記>
JCBプラザ・バリを通して予約してJCBカードで支払いをすると10%割引になるようです。
http://plaza.jcb.co.jp/travel/guide/plz_s_list.php?city_cd=312&GmnNo=11

<2007.7.21追記>
2007.7.1〜2008.6.30のJCBのショッピング&ダイニングパスポートに
10%割引の特典が記載されていました。(JCBカードでの支払いが条件です。)

バリ島サヌール 海辺のお手頃イタリアン!スティッフ・チリ

今回初めて行ったのですが、
とても気に入ってしまい、2晩続けて通ってしまったのが、
サヌールの海辺にあるレストラン、スティッフ・チリです。
スティッフ・チリの店内
海の家的なレストランを想像して行ったのですが、
思ったよりずっと雰囲気がよく、
東側向きでサンセットが堪能できないサヌールですが、
夕暮れ時はご覧のように、しっとりとした雰囲気を味わえますし、
夕暮れ時のスティッフ・チリ
日没後は、クタ方面(?)の灯りを眺めながら、
とってもおしゃれに食事ができます。

料理もとっても良心的な価格なのに、すごくおいしくて、感激しました。
薄くてパリパリ、薪のオーブンで焼いたピザ・マルゲリータは2万ルピア(260円)。オススメです!
どれもおすすめのお料理
海老を焼いてみじん切りのにんにくなどでイタリアン風に仕上げたものは
5-6匹もあって、約4万ルピア(600円弱)。これもオススメ!
辛くないミゴレン、ナシゴレンも2万ルピア(260円)。

親子4人で、マルゲリータ・海老、ナシゴレン、ミゴレン、
スプライト・コーラ5本、ビンタンの大瓶1本、
デザートに、写真のシャーベットも食べて、お勘定は18万ルピア(2,400円)!!
スティッフ・チリのおいしいシャーベット
パイナップルのシャーベットも、ココナッツとマンゴーのシャーベットもとってもおいしくて、おすすめです。
(シャーベットは自家製じゃなさそうでしたけど。全部おすすめですね(^_^;)

クタやヌサドゥアから、タクシー代と時間をかけて、
わざわざ食べに行くレストランではないと思いますが、
サヌールに行かれる際は、ぜひ候補に入れてくださいね!

海辺の側には、風除けの透明ビニールがかかっていますが、
サイドは全くのオープンですから、
サイドの席がおすすめだと思います。
オン・ザ・ビーチのスティッフ・チリ

前の砂浜はライトアップされてますので、
注文が運ばれてくるまで、食べ終わった後、
砂浜で遊んで待っていてもらえるので、
少し大きめのお子さんなら、飽きずに楽しむことができます☆彡

スティッフ・チリ・サヌール Stiff Chilli Sanur
Jl, Kesumasari 11 (on the beach) Semawang - Sanur
TEL/FAX:0361- 288371
営業時間7:30〜23:00

今回のバリ旅行で気に入ったベスト10

9日間のバリ島旅行、とっても楽しく、リフレッシュできました。
グランド・ミラージュホテルからの風景

今回のバリ旅行でお気に入りになったベスト10は、

◆海の見える、とてもお気軽な値段で雰囲気のいいサヌールのレストラン
スティッフ・チリ
 ブログ記事「海を眺めながらお手頃イタリアン!バリ島おすすめレストラン」

◆トゥバン(クタの南)の海に沈む夕陽が美しく、夜景もロマンチックなレストラン 
マジョリー
 ブログ記事「バリ島のサンセットを眺めながらフランス料理☆マジョリー」

◆夕陽も鑑賞できて、大人も子供も楽しい 
ウルワトゥ寺院のケチャ(ケチャック)ダンス
 ブログ記事「大人も子供も大満足!ウルワツ寺院のケチャダンス」

◆踊り手のテクニックに素直に感動! 
スラマ・ラティのスピリット・オブ・バリ
 ブログ記事「スマラ・ラティのスピリット・オブ・バリ」

◆お手頃値段なのに、お部屋は広々、雰囲気バッチリ!! 
ザ・パトラ・バリ・リゾート&ヴィラズ(旧パトラジャサ) 
 ブログ記事 「バリ島のおすすめホテル ザ・パトラ・バリ・リゾート&ヴィラズ(旧パトラジャサ)」
       「バリ島のおすすめホテル ザ・パトラ・バリ・リゾート&ヴィラズ プール編」

◆ホテル内のプールサイドの東屋で格安極楽!
サヌール・パラダイス・プラザ・ホテルのプールサイドマッサージ

◆格安だったのに楽しく、渓谷の風景も楽しめる 
アユン・リバー・ラフティング社のアユン川ラフティング
 ブログ記事「¥4,000で大満足!バリ島のアユン川・リバー・ラフティング」

◆お手軽価格でお寿司・刺身が食べられ、我が家の子供達のお気に入り 
和食レストラン「漁師」
 ブログ記事「バリ島のおすすめ日本料理店<漁師RYOSHI>」

◆30メートルのスライダー付、預けて外出も可能。こども達のパラダイス!
サヌール・パラダイス・プラザ・スイートのキッズクラブ
ブログ記事「30mのスライダー付!バリ島サヌール・パラダイス・プラザ・スイートのキッズクラブ」
      「キッチン付でキッズクラブ充実!バリ島サヌール・パラダイス・スイーツ」

◆心が落ち着く風景で癒されます 
テガラランのライステラス

といったところです。
おいおい詳細をアップしていきます☆彡

バリ島から帰って来ました!

バリ島母子旅行から帰って来ました。
次男は帰国前日から「まだ帰りたくない!」「あと2つ泊まる!」と駄々をこねたほどで、
とても楽しかったようです。

当初は観光はラフティングとウブド半日だけ、
後はプールでのんびりと思っていたのですが、

行く前にやっぱりウルワトゥ(ウルワツ)のケチャ(ケチャック)にも行くことにし、
現地のドライバーにすすめられ、半日観光を一日にして、
キンタマーニ高原と、バロンダンスにも行って来ました。

海をボーっと眺めたり、棚田を見たりしてヒーリング効果もバッチリで
エステ1回、マッサージを2回受け、
旅行出発前にかなり溜まっていた疲れもすっかり癒されました。

旅行の詳細はまたボチボチとアップして行きたいと思います☆彡

パトラバリの夕景
↑空港近くのザ・パトラ・バリ・リゾート&ヴィラズ(旧パトラ・ジャサ)の
メインプールのプールサイドから撮ったものです。
あいにく雲が多かったのですが、それでも素敵な景色でした。


明日からバリ旅行に出発です!

明日からバリ旅行です。
夫は同行せず、仕事です。夏は忙しくて休みが取れないんです。

津波がちょっと心配ですが、少しでも揺れを感じたら、ホテルの高い階に逃げ込もうと思っています。

65cmの中型スーツケースの代わりに、
前から気になっていた新しいキャリーケースを楽天市場で買い、昨日届きました。
カバンが届いたばかりなのでまだ服は全く詰めていないのですが、
水着などは大きいスーツケースにだいたい詰めて、
私にしては準備が進んでいるほうです(^_^;
【Reebok】●送料無料●リーボックブランドスポーツキャリー超軽量3.2kg71cm5日前後用
↑これを買ったんです。

ちょっと早いですが、行ってきます!

<2006.10.1追記>
バリ旅行のために買ったReebokリーボック スポーツキャリー3.2kg71cm5日前後用送料込¥7,900なかなかいいです!
中型スーツケース並みの収納力ですが、おおげさではないので、
子連れの国内旅行には最適ではないかと思います。
国内旅行でキャリーケース持って行くのがいやでボストンキャリーを使っている方にもおすすめです。
一回り小さいReebokリーボック スポーツキャリー3.0kg67cm4日前後用送料込¥6,900もあります。

バリ島 インターコンチネンタルホテルのクラブルーム

バリ島のジンバランにあるインターコンチネンタル・リゾート・バリ
クラブルーム、クラブ・インターコンチネンタルは、
とても充実したクラブサービスが受けられるのでおすすめです。

特筆すべきサービスは、入国時の入国手続き代行サービスです。

到着後、イミグレーションでインターコンチネンタルのスタッフが待機していて、
冷房の効いたラウンジで冷たい飲み物を飲みながら待っていれば、
スタッフが到着ビザの取得、入国審査、税関での申告、荷物のピックアップをしてくれるというものです。

クラブラウンジも24時間オープンで、
朝食、ハイティー、カクテルタイムのほか、
お昼やお夜食にも軽食、軽い食事メニューが用意されるそうです。
(パスタやミニ・フィレ・ステーキ、ミニバーガー、サラダ、スープなど)
飲み物は、アルコール類は17:00-20:00のカクテルタイムのみ無料。
紅茶・コーヒー、ソフトドリンクは24時間無料です。

8年ほど前に、ここのクラブルームに宿泊したのですが、
そのときはラウンジは24時間オープンではありませんでしたが、
サンセットの眺められるラウンジで、
カクテルを飲みながらレストラン「矼」の和食メニュー、牛のたたきなどが
食べられて、とっても満足だったのですが、
軽い食事メニューまで食べられるとなると、
小食な方やこどもは昼食・夕食もここですませることも可能かもしれませんね。

朝食は、もちろんクラブルームでも食べられますが、
レストランで食べることも可能です。

お部屋は42平米と広く、ゆったりとしたソファセットがあるので、
仕切りはありませんが、ジュニアスィートに滞在しているような感覚です。
シャンプーなどのバス・アメニティはブルガリというのも、
ちょっと贅沢な気分にひたれてうれしいですよね。

クラブフロア専用のプールもあり、
以前宿泊したときは、ずっとクラブプールで過ごしていました。
プールサイドのバレ(東屋)で寝そべりながらこどもの泳ぐのを見ていたり、ゆったりと過ごすことができました。

また、夜便での帰国となることが多いですから、
16時まで無料でチェックアウトを延長してくれるサービスもありがたいですよね。


ロケーション的にも、空港や、繁華街にも近く、
ビーチでは真正面に素敵なサンセットをながめられる場所にあります。

アップルワールド.comでは今の時期45,700円と高めでしたが、、
プレシジョンPrecisionなら税サ込で$283(1ドル116円で32,828円)と
特典を考えれば、かなりお得なお値段ですよね。

インターコンチネンタル・バリ・リゾートの日本語サイトにも
クラブ特典
エアポート内到着ラウンジ(入国手続き代行)案内
が載っていますので、ご参考にどうぞ。

来週のバリ旅行、最後の1泊をインターコンチネンタルのクラブルームにしようかとも思ったのですが、
入国時の宿泊ではないと、入国手続き代行は使えないのだろうし、
結局、今回は泊まったことのないホテルに泊まろうと思い、
今回は見送ってほかのホテルにしました。

夏休みバリ島母子旅行のホテルを決めました!

ようやく、バリ島旅行の宿泊ホテルを決定しました。
最終日以外は比較的早く決まっていたのですが、
最終日どう過ごすかも迷ったため、ようやく最終決定しました。

最初の4泊は、サヌールのサヌール・パラダイス・プラザ(旧ラディソン・プラザ)です。
トリプルをアップルワールド.comで1泊1室9,200円で予約しました。
実は、後日プレシジョンPrecisionで検索してみましたところ、
トリプルで税サ込$60(1ドル116円で6,960円)でしたので、
少し高めの料金で予約してしまいました。(-_-;)

このホテルにはキッズクラブはないのですが、
同じサヌールにあり、シャトルバスで5分で行ける姉妹ホテルのサヌール・パラダイス・プラザ・スイーツ(旧ラディソン・スイーツ・バリ)
キッズクラブ、キャンプ・スプラッシュは30mのスライダーつきのキッズプールなどがあります。キッズプログラムの設備やプログラムはバリでは1.2を争う充実度です。

本当は、このサヌール・パラダイス・プラザ・スイーツ(旧ラディソン・スイーツ・バリ)
アップルワールド.comで3ベッドルーム15,000円、2ベッドルーム15,700円。
正規料金は3ベッドルーム$135+税サ、2ベッドルーム$115+税サ。)
が第一希望だったのですが、満室で予約が取れませんでした。
このホテルは2ベッドルームのほうが部屋の内装等のグレードが高いせいか、
クーポンでは逆転してしまっていますね。

次の2泊は空港のすぐ近くのパトラ・バリ・リゾート・&・ヴィラズ(旧パトラ・ジャサ・リゾート)です。

ここは各国の首脳なども泊まる由緒あるホテルですが、
お手ごろな値段で高級感あるお部屋に泊まれるようで、楽しみです。
デラックススイートは、リビングが別にあってこのお値段。
リビングのソファベッドを使うのであれば、エキストラベッドの料金がかからないのも魅力です。
アップルワールド.comでデラックススイートツイン料金1泊1室13,900円でした。
プレシジョンPrecisionでは、
デラックススイートが税サ込で$128(1ドル116円で¥14,848)でしたので、
1泊950円お得に予約できました(^_^)

今回の滞在中、唯一西側に面するホテルなので、サンセットが楽しみです。

迷いにまよった最後の一泊は、結局ブノア(べノア)のグランド・ミラージュ・リゾートにしました。

アップルワールド.comではこの時期、スーペリアツイン16,500円のグランド・ミラージュが、
プレシジョンPrecision
スーペリア$93(税サ込)、デラックスオーシャンビュー$105(税サ込)という格安料金になっており、
レイトチェックアウトの料金を確認してみることにしました。

グランド・ミラージュ・リゾートにメールmail@grandmirage.com
で直接問い合わせたところ、直前の予約だったせいか、
スーペリアが税サ込$95、オーシャンビューが税サ込$105と
プレシジョンPrecisionより若干高めですが、
15:00までレイトチェックアウト無料、
エキストラベッド1台無料、
空港送迎無料との破格のオファーがあり、
オーシャンビューをお願いしました。

ダメモトでお願いしてみたところ、
空港近くのパトラ・バリまで迎えにきてくださるとのことで、
往復のタクシー代も浮きましたので、かなりお得に泊まれそうです☆彡

バリ島のホテル選び迷ってます!プール・スライダー編<2>

ほかにも、スライダーがあるプールが見つかりました。

リッツカールトン・バリ・リゾート&スパ
(アップルワールドのホテル情報ページでクチコミ・設備が確認できます)
ここは大人用、こども用それぞれのスライダーがあります。
全長:大人用20m こども用5m
年齢制限:こども用は12歳以下のみ
設置場所:子供用プール
ここには、キッズクラブもあります。

ハリス・リゾート・クタ・バリ(アップルワールドのホテル情報ページでクチコミ・設備が確認できます)
ここは大人用、こども用それぞれのスライダーがあります。
全長:5m
年齢制限:なし
設置場所:子供用プール
ここの、キッズクラブの詳細は以下の通りです。
時間:9:00〜21:00
料金:1時間10,000ルピア
   半日50,000ルピア 昼食・夕食込
   1日100,000ルピア 昼食・夕食込
対象年齢:3〜12歳

ハード・ロック・バリ
(アップルワールドのホテル情報ページでクチコミコミ・設備が確認できます)
ここのスライダーはあまり長くないようです。
<<back|<123>|next>>
pagetop