<< バリ島 サヌール・パラダイス・プラザのホテルタクシー | main | バンコクのルンピニ・ナイト・バザールは来年4月に閉鎖 >>
飛行機の機内対策で役立つおもちゃ(6ヶ月〜1歳ぐらい)
0
    飛行機の機内で使うおもちゃを選ぶ場合、
    こどもが興味を持ってあそび、飽きないことのほかに、
    ・あまり大きな音が鳴らないこと
    ・大きすぎず小さすぎない(小さいと落としたときに探すのが大変)
    ことが大事ですが
    音がでないおもちゃって案外見つからず、苦労してしまいます。

    我が家のこどもたちが2歳ぐらいまで気に入っていたおもちゃは
    コンビのカニの形をしたプラスティックのカラフルなガラガラで、
    振ると黄色い足と目玉が動くのと、
    振ったことででるカシャカシャ音が楽しいらしく、
    それを振って見せると気を取られて泣き止んでくれるすぐれもので、
    いつもカバンに入れてました。

    今回同じようなものがないか探してみましたが、見つかりませんでした。
    ぜひ、復活していただければと思います。

    あと役に立ったおもちゃといえば、

    アイデス ミッフィーコロコロカー¥980
    音があんまりしないのと、小さいおもちゃは落ちると探すのに苦労してしまうので重宝していました。
    割と大きいので近所のお出かけには持参せず、旅行のときだけ持って行っていました。


    ambi toys(アンビ トイズ) シティ・フォン
    1歳以上と書いてありましたが、うちの子は半年ぐらいから遊んでいました。
    ミラーやくるくる回るボールなどがついていてい、
    普通の電話のおもちゃより赤ちゃん向きのつくりでビジートイといった感じです。


    SASSY ベビーズファーストウォレット:サッシー¥945
    赤ちゃんも月齢が高くなってくると大人の持ち物に興味を抱くようになります。
    我が家ではambi toys のラトル・キーやいらなくなったプラスティックの会員証を、
    マジックテープの財布に入れて、
    赤ちゃん用の財布セットを作っていましたが、
    今は最初からセットになったものが売っているんですね。
    これならコインもラトルになっていて飲み込んだりする心配がないので安心ですね。


    アポロ ミッフィー はじめてのやわらかえほん¥1,220
    これは、しおりみたいな感じのひもにミッフィーのお人形がついていて
    それを人形劇みたいな感じで動かして、
    お布団に入れたりしてお話をしてあげるようになっています。
    動きがあるので、興味を持ってじっと見てくれます。
    ベビーミッキーの絵本でも、
    しおりのひもでつながったミッキーがついている仕掛け絵本があり、
    ブランコに乗ったミニーの横に乗せたり、
    お布団に入れたりするのがあり、こどものお気に入りでしたが、
    今はこの絵本は売っていないようです。
    0歳児のときは、絵本をなめたりしていたので、
    厚いページの絵本か、布製の絵本を選んでいました。


    コンビfromママ タグだいすき¥714
    コンビのパイル製のボールも重宝していましたが
    我が家が使っていたカラフルなものは取り扱いがなく、タグだいすきに移行したようです。
    赤ちゃんはタオルのタグをなめたりするのが好きなので、
    これ、けっこういいかもしれませんね。
    カテゴリ:子連れ海外旅行のノウハウ | 19:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kozure.net/trackback/580657
    トラックバック