CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • ディズニーランドパリの年間パスポート
    管理人 (12/30)
  • けっこうお得!サウスコーストプラザ・ショッピングセンター
    ユカコ (07/22)
  • けっこうお得!サウスコーストプラザ・ショッピングセンター
    たかっち (07/22)
  • ウォルト・ディズニー・ワールドの混雑予想サイト
    格安チケット (07/04)
  • 都内−成田空港格安リムジンバス乗り較べ☆THEアクセス成田vs東京シャトル
    ユカコ (06/02)
  • 都内−成田空港格安リムジンバス乗り較べ☆THEアクセス成田vs東京シャトル
    kaori (06/02)
  • グアムに行くことにしました☆5/3発グアム5日間が燃油込30,800円
    ユカコ (05/01)
  • グアムに行くことにしました☆5/3発グアム5日間が燃油込30,800円
    kaori (04/30)
  • ウォルトディズニーワールド☆パークでもホテルでもWI-fiが使える!
    ユカコ (04/14)
  • ウォルトディズニーワールド☆パークでもホテルでもWI-fiが使える!
    abx (04/13)

RECENT TRACKBACK

BLOG RANKING

Facebook Page

大人も子供も大満足!ウルワツ寺院のケチャダンス

そんなに期待していなかったのに、大人も子供も大満足だったのが、
ウルワツ(ウルワトゥ)寺院のケチャダンス(ケチャックダンス)でした。

ウルワツ寺院のサンセット

出発前にウルワツのケチャの評判を調べたところ、
ウブドのトレナ・ジェンガラより出演人数が少ないのでトレナ・ジェンガラのほうがいいとか、
海に沈む壮大な夕陽を背景にした断崖絶壁のロケーションが抜群なのでウルワツがおすすめとか、
賛否両論ありましたが、おおむね評判がよく、
今回最初と最後に滞在するサヌールとヌサドゥア・べノアでは
東向きで夕陽が見られないので、夕陽を見たいという気持ちもあり、
もし見るならウルワツで見ることにしました。

ケチャックダンスを見たことがなかったので行きたいとは思ったのですが、
すごく見たいというわけでもなかったので、
当日夕方「このままもう少し泳ぐ?それともお猿の出るダンス見に行く?」とこどもたちに聞いたところ、
ダンスを見に行くというので、着替えて5時過ぎにホテルを出発。

焼肉のサマサマレストランに電話をして、ウルワツへの迎えもOKとのことなので
19時に迎えに来てもらうことにしました。

ホテルを出る際に警備員が道路を渡らせてくれようとしたので、
タクシーに乗って出かけると言ったら、
警備員の友人?(一部利益をもらっている感じ)の車でどうかとのこと。
運転手と車を見るとけっこうきれいなワンボックスです。
片道10万ルピア、往復なら15万ルピアとのこと。
タクシーで行っても10万ルピアはかかるとのことなので、
いいじゃないと思ったのですが、長男がやめておこうというので、タクシーでウルワツへ。
30分ちょっとかかって到着。メーターはほぼ10万ルピア。
往復すると20万ルピアなので、
べノアのグランド・ミラージュ・バリから往復するなら、
警備員に、ウルワツに行くんだけどとか声を掛けてもいいかもしれません。

普通にタクシーで行っても、帰りまで待ってようかと聞かれましたので、
流しのタクシーはいませんが、チャーターしなくても、大丈夫だと思います。

入り口でお寺の拝観料3千ルピア(39円)を払います。
子供は半額なのか、次男は無料なのか、9千ルピアと言われました。

こっちかななどと言っていたら、おじいさんが来て案内してくれたのですが、
勝手ガイドで、後で「マネー」と言われてしまいました。(無視してしまいました。)

ダンスの鑑賞料は、大人5万(650円)ルピア、こどもは半額の2万5千ルピア(325円)です。

サンセットを背景にケチャダンス
まずは、チャッ、チャッ、チャッ、チャッという声に合わせてのダンス。

20人ぐらいだったなどと書いてあったのもありましたが、数えてみたら42人でした。
子供が出演していたと書いてあるサイトもありましたが、子供の出演者はいませんでした。
近隣の村の複数のチームが、交代で出演しているのかもしれませんね。

チャッ、チャッ、チャッだけではなく、
数種類のコーラスがうねるような感じで、なかなか迫力があります。

その後ラーマヤナのストーリーに沿って、王子とお妃様、悪い大王、猿などが出てきて踊ります。
王子たちのダンス
王子やお妃様のダンスもけっこう本格的でした。
日本語でストーリーを解説した紙をくれますので、
小2の娘も紙を見ながら楽しんでいました。

サンヒャン・ジャラン
最後のサンヒャン・ジャラン(トランス状態で火の上を歩く)は白猿が歩いたのですが、ものすごい炎ですごい迫力でした。

ケチャ鑑賞の後、白猿と記念撮影
ダンス鑑賞後は、出演者と記念撮影できます。
長女と次男は白猿ハノマン将軍と、私もお妃様と記念撮影しました。

子供たちもとても喜んで見ていましたし、
大人の私も、中2の長男もとても楽しめました。
あまり行く気がなかったのですが、行って本当によかったです。

寺院出口で焼肉レストランサマサマの方と会えなかったのですが、
すぐにSAMASAMAと書かれたバンを発見。
バンのそばで待っていると、10分ぐらいで運転手さんが戻ってきて、
無事にレストランに向かえました。

ウルワツ寺院Pura Ulwatu拝観料:3,000ルピア(こども半額?)
ケチャ:18:00〜19:00
    料金50,000ルピア(こども25,000ルピア)
      

コメント
ユカコさん
はじめまして!おじゃまします。
ケチャックダンスについての記事、とてもリアルで面白かったです!
最初の「チャッチャッチャ」ダンスを撮った、人と寺院と夕空の写真が、とてもおごそかというか、神秘的というか、異文化の空気を感じます〜。
そして、お子様も楽しめた!というのがステキです!音楽やダンスは世界共通に楽しめるんですかね〜^^
最後の記念撮影もとてもいい記念ですね!知らなかったです…!
ユカコさんの記事を読んで、ちょっと見てみたかな〜…という気持ちから、こりゃ見なあかんわ!!に変わりました。コーラスとか炎の迫力とか見てみたいー!!

次回バリ島旅行を計画される際は
「バリ島e旅.com」という現地スタッフ厳選のツアーがもりだくさんオプショナルツアー予約サイトがおすすめです!
【バリ島e旅.com】http://www.balitou-etabi.com/
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ウルワツ寺院(Pura Luhur Ulu Watu)も前回のタナロット寺院と同じくバリ島六大寺院です。 (3大寺院とか9大寺院とか様々な表現を身受けますが、ウルワツは必ず入ってます) バドゥン半島南西端の海岸沿いに位置し、クタあたりから車で1時間。ヌサドュアから30分
  • Langit Bali 運営日記
  • 2009/11/06 5:30 PM