<< おすすめ街スパ・マッサージ☆レッツ・リラックス | main | バリ島のホテル選び迷ってます!プール・スライダー編<2> >>
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<2>
0
    ユニバーサルスタジオの帰り、
    メトロリンクの終電(18:30)は早いので、
    それより遅く帰りたい場合はアムトラックを利用するルートがあります。
    これだと帰りのユニオンステーション発は22:10が終電になります。

    <無料送迎バスでユニバーサルシティ駅へ>
    ユニバーサル・シティからは、
    ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド行きの無料シャトルバスがあります。
    シャトル停留所は出口を出てすぐの地球儀のある噴水を左に行った、
    到着したのと同じ場所になります。
    シャトルは約15分間隔で循環しています。
    バスが到着したところから、バスが進行
    してきたのと同じ方角に向かって横断歩道を渡れば、地下鉄の駅です。

    <地下鉄レッドラインでユニオン・ステーション駅へ>
    ハリウッドハイランド駅で改札を出て、メトロ(地下鉄)Metroに乗り、
    終点のユニオン・ステーション駅で降ります。
    ユニオン・ステーションまでの料金は5歳−64歳が$1.25で、
    65歳以上と障害を持っている方は$0.45です。
    4歳以下の幼児2人まで無料です。

    帰りは来た電車に乗ればいいのですが、
    ユニバーサルスタジオに向かうときは途中で路線が分かれるので
    ウィルシャー/ウエスタンWilshire/Westernではなく
    ノース・ハリウッドNorth Hollywood行きに乗り、
    ユニバーサル・シティUniversal City駅で下車してください。

    運転間隔は10〜20分です。(地下鉄レッドラインの時刻表はこちらをクリック

    <アムトラックでアナハイム駅へ>
    ユニオンステーションの地下鉄改札を出て、階段を上ったところに
    アムトラックの乗車券売り場があります。
    乗車前にチケットの購入が必要になりますので、
    利用することがわかっているなら、
    行きに購入しておくと便利だと思います。
    30分ぐらい前には購入しておきたいところです。
    購入にはパスポートと
    身分証明書としてのクレジットカード(マスター、VISA、アメックス、ダイナース)
    が必要になりますので、ご注意ください。

    ユニオンステーション−アナハイムのアムトラック料金は
    大人16歳以上$9.50、こども2-15歳$4.75、1歳以下無料です。

    <アナハイム駅〜ディズニーランド>
    アナハイム駅からはOCTAバス50番のバスになります。
    駅の前の通りの信号を右に出てカテラ通りKatella Avenueまで出るとバス停があります。
    ディズニーランド方面はロングビーチLong Beach行、
    アナハイム駅に向かうには
    ヴィレッジ・アット・オレンジThe Village at Orange行になります。
    ハーバー通りHarbor Streetで下車すると、
    ディズニーランドの南側になりますので、そこからホテルに戻ります。

    昼間は20-30分に1本の運行です。
    50番のバスのルートマップ、時刻表はこちらです
    バス料金は7歳−64歳が$1.25で、65歳以上と障害を持っている方は$0.50です。
    6歳以下の幼児は3人まで無料です。
    おつりは出ないので小銭をご用意ください。

    ※アナハイム駅からディズニーランド周辺までは、
     タクシーで10分、$10〜$15ぐらいですから、
     家族連れならタクシー使用がおすすめだと思います。

    <関連記事>
    アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<1>

    ユニバーサルスタジオ
       ↓無料送迎バス7分(徒歩12分)
    ユニバーサル・シティ駅
       ↓レッドライン$1.35/26分
    ユニオンステーション駅
       ↓アムトラック$9.50/43分
     アナハイム駅
       ↓OCTAバス$1.25/10分
    ディズニーランド南、カテラ通りバス停
    カテゴリ:子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック