November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

サンプラカーン・クロコダイル・ファームでローカルな休日

バンコク到着翌日の12月30日、
お天気はとてもよく暑かったし、水温も泳ぐには十分でしたが、
(わざわざプールサイドに行って手をつけてみました)
出発の2日前に次男が少し熱を出したため、プールはお預けにして、
サンプラーン・エレファント・グラウンドに行くことに。

ホテルのドアマンに行き先を告げると、
了解とタクシーを呼んで運転手にタイ語で行き先を告げました。
すると運転手は一瞬わからない素振り。

以下タイ語のやりとりなので推測ですが、
ドアマン:「行き先わからないならほかの人に頼むから」
運転手:「あ、わかるよ。わかるわかる。サンプラーン・エレファント・グラウンドなら行ったことあるよ」
ドアマン「本当?大丈夫だね」
以下英語のやりとり。
私:「彼はサンプラーン・エレファント・グラウンドを知っているの?」
運転手:「行ったことがあるそうです」
一抹の不安を感じながら乗車。
運転手:「メーターで行くと帰りの車がいない。往復でB1,500でどう?」
私:「B1,500は高い!」
運転手「いくらなら出すの?」
私:「うーん、B900」
運転手:「えー、そんなー」
ドアマン:「B900ならいいんじゃないの?」
運転手「OK、OK」
それからガソリンスタンドに給油しに寄り、
ガソリン代がこんなに高いのだから900バーツは安いと激しいアピール。

サンプラーンのあるのはバンコクの南西部ですが、
なぜか車を東に走らせ、バンナーから高速へ。
私:「サンプラーンの方向とちょっと違うんじゃない?」
運転手:「高速はぐるっと回るから、オーケー、オーケー。」

到着したら、やっぱり違うでしょの
「サンプラカーン・クロコダイル・ファーム」
ローカル御用達っぽい感じです。
運転手に場所が違うと言ったけど、ここだよ大丈夫の一点張り。
まあ、ワニのショーのほかに象や猿のショーもあるようだし、
動物園にもなっているので、ここに入ることにしました。

大人B300(12歳の息子は大人)、こどもB200(4歳の息子はタダでした)の
入場料を払い、4時間後の16:30に運転手と待ち合わせをしました。

ひそかに夫と打ち合わせ。
「車に戻ったら、私が後ろの座席に置いてきた上着を持ち上げるから、
その時点で、行き先が指定と違ったからと交渉開始ね。
まあ、往復のメーター分+αで700バーツぐらいにしてもらおう」

ここは世界最大のクロコダイルファームだそうで、
MADE IN THAILAND
Thai Photo Galleryにも園内の様子があります。

入り口近くには恐竜博物館。ちゃちですが幼児は喜びます。
それからワニの池へ。ここはどぶ川の匂いが。
私はこの手の匂いに弱いので閉口しましたが、
鶏肉でワニつりができます。これはけっこう面白そうでした。
ワニ釣り

ワニのショーは、20バーツ札にコインを入れたおひねりがバンバン飛びます。
聴衆の雰囲気を観察しているとけっこう面白いです。
ワニと格闘

次は象のショーへ。年末年始のホリデーシーズンだからかけっこう満員。
ほかの演目は大したことないですが、
象の後ろ2本足歩きはすごいです。
ほかの園でもありますが、距離がすごかった。
もう少しで、グラウンド往復できそうでした。
象の2本足歩行

5分ぐらいの象乗りもあり親子4人(一番下は無料)で250バーツぐらいでした。(大人B80、こどもB50だったような気がしますが不確かです。)
象に乗ってお散歩

猿のショーは、猿回しのおじさんの独演会?っていう感じでしたが、
最後の火の輪くぐりはすごかったかも。
猿の火の輪くぐり

後はトラやサイ、バク、ダチョウ、ゴリラなどの動物園を一回り。

猿などのほか、大人(?)のトラやワニとスリリングな記念撮影もできます。
4年後の寅年の年賀状にいいかも・・・

中ではワニ肉も食べられます。
大きな串焼きや、ハンバーガー70バーツとお手ごろ。
ビールとジュースでひと休みのときに上の息子が串焼きを頼みましたが、
けっこうやわらかい鶏の胸肉っていう感じでおいしかったです。
コーラやスプライトは15バーツ。ビールは大瓶100バーツでした。
ワニ肉が食べられます

こども向けのくるくる回る有料の遊具もありました。
有料の遊具です。

約束の時間になったので、車に戻り、料金交渉開始。
後ろめたかったのか、運転手はあっさり700バーツでオーケーしたのだが、
帰りの車のなかで「600バーツ(勝手に値下げしてる)は安い」を繰り返す。
英語で「こちらも違う行き先で我慢したのだから、あなたも我慢して」
というが効果なし。
頭にきたので、英語のあと日本語で文句を言ったら、あとは黙ってました。
(どうも英語だと感情を伝えられないので)

ホテル到着後、運転手にお金を払う前に別のドアマンにも事の顛末を話し、
朝のドアマン、運転手に注意していただくよう話すように依頼しました。

サンプラーン・エレファント・グラウンドに行かれる方は、
ホームページの中の英文マップタイ語の住所行き方の説明を印刷して行かれることをおすすめします。
できればホテルの従業員に、
マップにタイ語を書き足してもらうと完璧だと思います。

帰国後ネットサーフィンしていて案内THAIで日本語ガイドとプライベートカーで6時間で1台5,000円というのを発見しました。日本語ガイド付きでこのお値段は魅力かも。
次回利用してみようかな?
※ほかの情報もそうですが、利用される方は自己責任でお願いします
pagetop