April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2時間前にチェックインしたのに飛行機に乗れないなんて...

実は、今回のシンガポール旅行で飛行機に乗れなかったんです。

出発2時間前にチェックインe-チェックインし、
1時間前には出国審査にすすむよう案内があったので、
カード会社のラウンジで時間をつぶして、
1時間前に出国審査に。手荷物検査後、いちばん手前の列に並んだのですが、
この列がぜんぜん進まないんです。
遅いとかではなく、本当にぜんぜん進まないので、
出発まであと40分というところで列のかなり後ろなので、
自分だけ別の列に並んでみたところで、ノースウエスト航空の係員を発見。

シンガポール行きであることを告げたら、
お席を控えますので搭乗券を見せてくださいとのことで、
特にこのままでは乗り遅れるとか、時間がないとかのコメントはありませんでした。
傍を離れてから、ほかの係りの人と
「税関(カスタムだったかも?)が入れてくれないのよね」
と会話を交わしていましたが、
座席を控えたのだから、出国審査完了まで待っていてくれるのだと思っていました。

その後待つ間に、通勤中の夫に電話。
「あと30分で出発なんだけど、まだ出国審査に並んでるの。
ノースウエストの人に言ったら、名前と座席を控えてくれたから
待っていてくれるみたいなんだけど...」と安心してました。

出発15分前ぐらいになってもまだ列の真ん中ぐらい。
ノースウエストの係の人がいるけど、別に駆け寄ってきたりしないけど大丈夫かな...
呼び出しのアナウンスもないけど...
と思っていたら、自分が並んだ列の後ろのほうで、
係りの人が並んでいる人に声をかけてみんなが手を上げ出した。
あわてて駆け寄り、「シンガポール行きですか?」と聞くと
「いいえ北京です」との答え。
ああ、シンガポールはまだ大丈夫なんだとホッとしてそのまま並んでいました。

出国審査を出たところで、
男性の係員に「シンガポール行きですか?」と声をかけられ、
「そうです」と答えたところ、係員がベビーカーを持ち、
「急いでください」と猛ダッシュ。
末の子をかかえて、走りに走りました。
ゲートにやっとついたとほっとしたところ、
「飛行機はすでにゲートを出発してしまいました」えええええっっー!!!!!
「次善の策を検討しますのでお座りください」

ノースウエスト航空の係員の人が出発便、名前、座席番号まで把握しながら、
このままでは間に合わなくなる等の告知が一切なかったこと、
もし知らせてもらっていたら、出国審査の列の前方の方に必死にお願いして
先にさせてもらったのにと抗議。
責任者の方も、その対応は確かに納得いかないと思うので調査しますとのことで、
翌日のJAL午前便への振り替え、空港敷地内のホテルの手配、
またシンガポールに行けるようにと25,000マイルの補償がありました。
(シンガポールへの無料航空券は2万マイルなので、
 行きのマイル、当日のホテル代金の補償分が5,000マイルでしょうか?)

できるだけの補償はしてもらったと思うのですが、
当日、出発寸前に行けなくなったというのはやっぱりショックでした。

成田空港の手荷物検査・出国審査の混雑のピークは下記の通りだそうです。
第1ターミナル ・・・ 7時30分頃 〜 8時30分頃、16時00分頃 〜 18時30分頃
第2ターミナル ・・・ 8時00分頃 〜 10時00分頃
この時間帯はチェックイン後すぐに出国審査に進んだほうがいいかもしれません。
翌日は2時間半前に出国審査を終えてプレイルームでのんびりし(^_^.)
無事、出発しました。


comments

ののさん、こんにちは。

以前にも出国審査が1時間っていうのはあったのですが、
だいたアナウンスでお呼び出しがあったり、
係員が探しに来て、
前方の方に事情をお話して先に審査を受けさせてもらうという
パターンで事なきを得ていました。

待てない事情はよくわかるのですが、
どこにいるか、どんな状態か知っているのに、
何も言わずに出発ってひどいですよね。

一言、
「このままでは間に合わなくなります」
って言ってくれれば、頼み込んで先に出国審査受けさせて
もらったのに...

まあ、補償が受けられたので、
前向きに考えることにしましたが、
まだちょっともやもやしています。

今まで、航空会社の係員に従っていれば大丈夫という気持ちがありましたが、
これからは自分の判断でサッサと行動することにしました。
いい教訓だったのかもしれませんね☆

ユカコさん こんにちわ。
起きた事は残念でしたが、まだ補償が受けれただけよかったですね。
ウチもご多分にもれず飛行機では色々な目にあっています。
成田の第1ターミナルでは主人が平日の夕方の米国行きで出国審査場がメチャ混みで1時間かかり、シャワーを20分であびたら出発30分前なのに名前を呼ばれていた、それで急いで乗ったらそのまま出発した、なんてこともあったそうです。成田の場合滑走路の順番待ちが長いのと、途中の天候状況によっては定時到着を優先してしまうことがあるって、何かで読んだ事があります。

  • ののさん
  • 2005/07/31 12:04 PM
   

trackback

pagetop