May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

エジプトのピラミッド内部の見学で筋肉痛にならないコツ

エジプトに行く前、いろんなブログで
「ピラミッドの内部見学で筋肉痛になって翌日たいへんだった」
というのを読みました。

アジアだらだら旅行  〜続・中南米ふらふら旅〜
http://piantong.blog52.fc2.com/?m&no=217

quiet in Amsterdam
http://taratsuru.exblog.jp/19833136/


ピラミッド内部見学は、かがんで階段を上り下りするため、
筋肉痛になってしまうのです。

我が家は2日間の遺跡&ピラミッドめぐりで
クフ王のピラミッド、メンカウラーのピラミッド、
メイドゥームのピラミッド赤のピラミッドで内部を見学する予定だし、
貴族の墓など地下の墳墓も見学する予定だし、
博物館も4時間見学する予定だし、
筋肉痛になったら困ると、いろいろ調べて行きました。
実際にトライしてみたところ、筋肉痛になりませんでした。

方法は実に単純で、階段をおりるときに、
後ろ向きになって降りるということです。
ピラミッドの通路をおりるとき
実に稚拙な絵で申し訳ありませんが、
どのピラミッドや墳墓の階段も
天井までの高さが低いので、
かがまないと通れません。
普通に前向きで降りると、
図のように、背中や腰、足をかがめる必要があります。

ピラミッドの通路をのぼるとき
でも、後ろ向きに降りれば、
背中をかがめる必要がなく、
ずっと楽な姿勢でおりられます。

皆さんも、階段で筋肉痛になるのは
「のぼり」よりも「くだり」というのは
耳にしたことがありますよね。

たったこれだけのことで、
筋肉痛にならずにすみますので、
(少しはなるかもしれませんが)
ぜひ試してみてください。

次に、おすすめしたいのが
必ず帽子をかぶるということです。

天井が低いので、
いろんなところに頭をぶつけてしまったのですが、
薄手の帽子をかぶっているだけでずっと衝撃がやわらぎます。

最初のピラミッドの階段出口で、出口が狭くなっているのに気付かず
下がり壁に頭をぶつけてコブができました。
かなり大きなコブで、リンパ液がじわじわ漏れてきて
かさぶたのようになってしまいました。
このときは、地下に入るからと帽子を取ってしまったのですが、
その後頭を守るために帽子をかぶるようにしたら
ぶつけても「イタッ!」ですみました。

そして、3番目におすすすめしたいのが
マスクとアメまたはガムを持参することです。
これは赤のピラミッドでは必須です。

ピラミッド内部は、ちょっと臭いがします。
赤のピラミッドは、ちょっとどころではなく
強烈なアンモニア臭で、気持ち悪くなりそうです。

それを事前に知っていたのでマスクを持参したのですが、
マスクだけでは太刀打ちできません。
香りのするガムか飴を食べながらマスクをして、
アンモニア臭を感じないようにしないと無理です。
ミント系などにおいの強いガムやアメをおすすめします。

<ピラミッド内部見学のコツ>
1.階段は後ろ向きにおりる
2.帽子を必ずかぶる
3.マスクとアメ・ガムを用意

JUGEMテーマ:エジプト

pagetop