September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アメリカのディズニーパークで「アメリカ」を感じること

JUGEMテーマ:子連れで海外旅行

子連れde海外!!「質問・情報交換掲示板」で
エジプトかディズニーワールドかで迷われている方から質問を受けて
「学びやよい経験」を重視するならばエジプトかもという回答をした私。
http://kozure.net/bbs/wforum.cgi?no=1652&reno=no&oya=1652&mode=msgview&page=0

でも、その後いろいろ考えててみたら、
やはりディズニーワールドで学べる「アメリカという国」があることを思い出しました。

・養子が多い
日本では子供に恵まれなかった場合に養子を迎えるというイメージが強いですが、
アメリカでは、自分たちの子供がいても、
経済的や時間的に余裕があれば恵まれない子供を養子に迎えることが多いです。
しかも、ブラッド・ピッドとアンジェリーナ・ジョリーもそうですが、
肌の色のまったく違う子供でも養子に迎えて、自分の子と分け隔てなく育てます。


なぜかカリフォルニアのディズニーランドリゾートではあまり見かけませんが
フロリダのディズニーワールドでは、
白人の両親が白人の子供と黒人や黄色人種の子供を連れて歩いている光景を
よく見かけます。


朝日新聞GLOBE
「養子という選択」
http://globe.asahi.com/feature/111106/index.html

・身体障がい者の活躍の場が広い
日本でも身体障がい者の活躍の場が広がっています。
でも、私は日本国内で義手・義足が見える方がお客様を案内する係だった
経験はありません。
ディズニーワールドでは、車いすでお客様を案内している方がいっぱいいらして
切断した脚に義足をつけたりせずそのままの方も、義足を服で隠さない方もいます。
これもカリフォルニアのディズニーランドリゾートではあまり見かけません。
広い敷地を活用したバリアフリー仕様が、
ゲストだけでなくキャストの活躍にも役立っているんですね。

私の兄も義足なのですが、
日本でも気兼ねなくプールや海で泳いだりできるような日が
来るといいのですが・・・

日本障害者リハビリテーション協会
「同じ地球のよその国で(4)」
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/rehab/r010/r010_032.html

子供たちはこういうことはきちんと覚えていて、
ときおり子供たちとアメリカの人はすごいねという話をしています。

この2つのことは、
ほかのアメリカのほかの場所よりもディズニーワールドで強く感じます。

銃とかいろいろ問題はあるものの、
やはりアメリカは懐の深い国なんだなと、
ディズニーワールドに行くたび思います。
WDWのドナルドダッグ
pagetop