子連れde海外!!つれづれ

<子連れde海外!!>http://www.kozure.netのブログです。
旅行の手配で調べたこと、ホテル・レストランレビュー、旅行記、お得情報などあれこれ書いています。
コメント大歓迎です!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
MY SITE
Facebook Page
BLOG RANKING
RECOMMEND
The Unofficial Guide to Disneyland 2015
The Unofficial Guide to Disneyland 2015 (JUGEMレビュー »)

カリフォルニアのディズニーランド、ユニバーサルスタジオ制覇のためのノウハウ(効率的な回り方、列の並び方、食事の取り方など)が満載。年代別アトラクションの評価、周辺も含めたホテルの評価、徒歩圏のホテルの所要時間や設備一覧など数値化しているのでわかりやすく、定評のある裏ワザガイドです。(英文)
RECOMMEND
Birnbaum's 2015 Disneyland Resort: The Official Guide (Birnbaum Guides)
Birnbaum's 2015 Disneyland Resort: The Official Guide (Birnbaum Guides) (JUGEMレビュー »)
Birnbaum Guides
カリフォルニアのディズニーランドのオフィシャルガイドブック。写真が盛り込まれて、日本のガイドブックに近いつくりです。巻末についている割引クーポンも魅力です。(英文)
RECOMMEND
The Unofficial Guide to Walt Disney World 2015
The Unofficial Guide to Walt Disney World 2015 (JUGEMレビュー »)
Bob Sehlinger,Len Testa
WDW、ユニバーサルスタジオ制覇のためのノウハウ(効率的な回り方、列の並び方、食事の取り方など)が満載。年代別アトラクションの評価、オフィシャル(公式)ホテルvs周辺ホテル、公式・周辺ホテルの評価など。評価は数値化しているのでわかりやすく、定評のある裏ワザガイドです。各リゾートの棟の配列なども載っています。(英文)
RECOMMEND
Birnbaum's 2015 Walt Disney World: The Official Guide (Birnbaum Guides)
Birnbaum's 2015 Walt Disney World: The Official Guide (Birnbaum Guides) (JUGEMレビュー »)
Birnbaum Guides
Birnbaum travel guides
ウォルト・ディズニー・ワールドのオフィシャルガイドブック。写真が盛り込まれて、日本のガイドブックに近いつくりです。巻末についている割引クーポンも魅力です。(英文)
RECOMMEND
The Complete Walt Disney World 2015
The Complete Walt Disney World 2015 (JUGEMレビュー »)
Julie Neal,Mike Neal
英文ですが、535枚のカラー写真が掲載されていて、初めてWDWに行く方でも楽しめます。バズのスペースレンジャースピンやトイストーリーマニアで高得点取る裏技や、裏話、隠れミッキーなど、単なるガイドブックを超えています。
RECOMMEND
R16 地球の歩き方 リゾート オーランド 2014
R16 地球の歩き方 リゾート オーランド 2014 (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室 編
アトラクション・直営ホテルの情報など日本語のウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のガイドブックの中で一番詳しい!ユニバーサル・スタジオ・フロリダ、シーワールドの情報も詳しいです。2014年8月改定
PROFILE
WDW:4/15-5/23限定アニマルキングダムロッジやウィルダネスロッジが1室174ドル!
GWにWDW ウォルト・ディズニー・ワールド旅行を計画している方に朗報です。
期間限定の直営ホテルプロモーションが発表されました。
2007年4月15日から4月19日、4月22日から4月26日、4月29日から5月23日にチェックインする方が対象で、
デラックスリゾートのスタンダードルーム1室1泊174ドル+税
モデレートリゾートのスタンダードルーム1室1泊139ドル+税
バリューリゾートのスタンダードルーム1室1泊84ドル+税。
の特別料金が適用になります。

オーランドにある日本語サイトの「オーランドベストガイド」
http://www.orlandobestguide.com/disney/niwaka.html

でも受付をしています。
すぐに満室になってしまうようですので、
なるべく早く問い合わせをしてみてください。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れディズニーワールド4◆ブリザード・ビーチ
ブリザード・ビーチで過ごした1日もとっても楽しかったです。
行く前は、泳ぐと疲れるからスケジュールが狂うかも、と思いましたが、
マジック・キングダムなどで歩いたり、並んだりで疲れるのとはまた違うタイプの疲れのせいか、
木陰でたっぷりお昼寝をしたせいか、
ウォーターパークをスケジュールに入れたおかげで逆に、リフレッシュできました。

ブリザード・ビーチの子供用ゾーンは年齢別に2つに別れています。
3〜5歳の幼児用遊び場はタイクス・ピークです。
こちらは身長制限があり、48インチ以下、122cmまでのこどものみが遊べます。
ブリザード・ビーチの幼児用遊び場 タイクス・ピーク
タイフーン・ラグーン同様、幼児用にスケールを小さくしたアトラクションが用意されており、
噴水エリアや雪のお城、幼児向けのスライダー(浮き輪に乗るタイプ)が
用意されています。
我が家の子どもたちは、この浅い水遊び場で、
アメリカ人らしき男の子と水を掛け合ってはしゃぎまくっていました。

小学生用には、少しグレードアップした、
スキー・パトロール・トレーニング・キャンプが用意されています。
大人も楽しめる、少しおとなしめのウォータースライダーは
5歳の次男も十分に楽しめました。
ブリザード・ビーチ スキー・パトロール・トレーニング・キャンプのスライダー
ブリザード・ビーチ スキー・パトロール・トレーニング・キャンプのスライダー2
また、いろんなタイプの水上アスレチックがあります、
ワイヤーについたTバーにつかまって、滑り降りるアスレチックは、
身長48インチ以下、122cmまでの身長制限があり、
幼稚園〜小学校1・2年生ぐらいまでだと思います。

ブリザード・ビーチ スキー・パトロール・トレーニング・キャンプのアスレチック
上のネットにつかまって、流氷を渡って行くものを娘は気に入っていましたが、
これは身長がある程度必要なように思えました。
120cm前後ないと厳しいかもしれません。

ブリザード・ビーチにも流れるプールがあり、
子供用の浮き輪は、大人用を小さくしたタイプで、
タイフーン・ラグーンと違って真ん中に穴があいたタイプです。

また、波の出るプールがありますが、
タイフーン・ラグーンとは違い、小さい波ですし、
浮き輪も用意されていますので、
小さい子供なら、こちらのほうが楽しめると思います。

幼児エリアだけでいえばタイフーン・ラグーンのほうが充実していると思いましたが、
小学生向けのゾーンもある点では、ブリザード・ビーチのほうがいいですね。
小2の娘は、タイフーン・ラグーンのサーフ・プールの大波が気に入っていたようで、
タイフーン・ラグーンのほうが好きだと言っていました。

ブリザード・ビーチもタイフーン・ラグーンも、どちらもとてもいいと思いますので、
ぜひ、両方のウォーター・パークをスケジュールに加えることをおすすめします。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
テーマパークで歩き疲れたときの対策
今回、足の疲れ・むくみ対策として用意したのは、
靴ずれ防止パッド、靴の中敷がいぼいぼになったもの、かかと用バンドエイド、
サロンパス140枚、入浴剤でした。

靴の中敷は、むくみぎみになった足ではますます靴がきつくなってしまい、失敗でした。
去年買って行った、足のころころローラーのほうがずっと実用的でした。

サロンパスは、昨年のカリフォルニアのディズニーランドでやみつきになってしまったので、
足のむくみと疲れを取るために、足の裏、ふくらはぎ(寝ているときのみ)に
サロンパスを毎日12-14枚ぐらい(片足6-7枚)貼っていました。

靴擦れ防止パッドは2種類も買ったのにな、ない。
スーツケースに入ってませんでした(T_T)
しかたがないので、靴ずれになりそうな箇所には、サロンパスを貼りました。
左の中指の腹と、両方の足の甲(むくんだ足に靴の甲が食い込む感じだったんです)です。

そうしたらこれが怪我の功名で、去年ちゃんと持って行った靴ずれパッドよりはがれにくくよれたりしないので、昼間貼り替えたりせずにすみました。
それに甲に貼った翌日、すごく足のむくみが取れていたんです。
足の甲を良く見てみると、血管がいっぱいあったので、ここに貼るといいのかなーと思い、
結局毎日足の甲にも貼っていました。

日本に帰ってからは、足の甲に貼るとパンプスから見えてしまうので、
貼らなかったので忘れていましたが、
「甲と裏(コート裏?)」という唐沢さんのサロンパスのCMを見て、
びっくりしてしまいました。

私は挟み貼りではなく、甲に1枚、足の裏に2枚、足の左の裏から甲につながる部分に1枚、ふくらはぎに2-3枚といった感じで貼っていましたが、
やっぱり甲に貼るといいんですね。

入浴剤は、愛用の炭酸入りの「バブ」と、
「疲労回復」とパッケージに大きく記載があるものを購入しましたが、
やはりこちらもかなり効果があったような気がします。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れディズニーワールド3◆ポップ・センチュリー・リゾート
今回宿泊したのはポップ・センチュリー・リゾートでした。

前回宿泊したオールスター・ムービーとすごく迷ったのですが、
最終的には、オールスター・ムービーのメインプールがメンテナンス中だったのと、
ポップセンチュリーのプールは、
プールに注ぐシャワーがあったりして、楽しそうだったのでポップセンチュリーにしたのですが、
今回はホテルのプールには入らなかったので、オールスターでもよかったかもしれません。

部屋の作りは、オールスターとほぼ一緒です。
ポップ・センチュリーのほうが落ち着いた内装ですので、
年配の方と一緒の場合は、ポップセンチュリーのほうがよさそうです。
ベッドカバー、カーテンなどはミッキー柄です。
ディズニーワールド:ポップ・センチュリー・リゾート室内2

ほとんどの部屋がダブル2台のツインルームで大人4名まで宿泊可能です。
ディズニーワールド:ポップ・センチュリー・リゾートの室内

ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー・リゾート室内3
テレビと引き出しがあるのもオールスターリゾートと一緒ですが、
テレビはポップ・センチュリーのほうがずっと大きく、27インチぐらいです。

洗面所は白とグリーン系でまとまっています。
ディズニーワールド:ポップ・センチュリー・リゾート浴室

室内金庫、アイロン、アイロン台もあり、
備え付けのドライヤーもありますので、基本的には不自由しませんが、
冷蔵庫は有料で1日10ドルで、14インチのテレビぐらいの小さいものを借りることになります。
各フロアに飲み物の自動販売機(コーラの500mlが$2.30と高い!!)や製氷機がありますので、
クーラーバッグやボックスを持っていけば、洗面所で飲み物ぐらいは冷やせます。

最初の1泊は90年代棟でした。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー90年代棟
部屋をもらったときにええーっと思ったのですが、
プールもついている棟だし、まずは部屋に行ってみてからと思い直したのですが、
90年代棟の中でもいちばん端で、やはりすごーく遠かったです。
レンタカーを借りている場合は、隣が駐車場なので便利だと思いますが、
そうでない場合は、変えてもらったほうがよさそうです。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー90年代棟2
ディズニー・ワールド:ポップセンチュリー90年代棟プール

翌日からは50年代棟に変えてもらい、ずっとフロント棟に近くて便利になりました。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー50年代棟
やっぱりプリファードルームにしておいたほうがいいかもしれません。
(内装などは一緒ですが、フロントに近い部屋になります)
50年代棟のプールは、ボウリングがテーマです。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー50年代棟プール

70年代棟にはミッキーの電話のオブジェがあります。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー70年代棟

60年代棟と70年代棟の間には、とても楽しそうなこどもの水遊び場がありました。
ディズニー・ワールド:ポップ・センチュリー70年代棟2
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れディズニーワールド2◆4大パークの日数配分
今回8泊の日程でディズニーワールドを満喫しましたが、
各テーマパークの日程配分は、
マジックキングダム2日半、
MGMスタジオ1日半、
アニマルキングダム1日、
エプコット1日、
タイフーンラグーン半日(10時〜15時)、
ブリザードビーチ1日(10時半〜17時)、
ディズニークエスト2晩
でした。

実際に行ってみた感想としては、
マジックキングダム2日〜2日半、
MGMスタジオ1日、
アニマルキングダム1日半、
エプコット1日、
タイフーンラグーン1日(10時〜17時)、
ブリザードビーチ1日(10時〜17時)、
ディズニークエスト2晩
がベストだったかなという感じでした。

MGMは1日目の夕方までに一通り回り、
午後6時45分ごろからファンタズミックの場所取りをしてました。
あと半日は気に入ったショー(インディ・ジョーンズ、美女と野獣、ファンタズミック)を再度回った感じでした。

アニマル・キングダムは、閉園時間が早いこともあって回りきれず、残念でした。
時間切れでキャンプミッキー、ボーンヤードは行けませんでした。
動物や鳥もいっぱいいますし、やぎなどに触れるコーナーもありますし、
キャラクター・グリーティングも多いので、
もっと時間を取ればよかったと思っています。
大人だけだと1日あれば十分かもしれませんが、
子連れなら、2日ぐらいかけてもいいぐらいです。

エプコットは、ワールド・ショーケースをあまり回れませんでしたが、
以前の2回の子連れWDWで、
こどもにとっては、あまり面白い場所ではないとわかっていましたので、
あまり未練がなく、1日でも満足でした。

マジック・キングダムは、
大人の私の考えでは、東京ディズニーランドとあまりかわりないので、
1日でもいいと思える場所だったのですが、
こどもたちにとっては、ディズニー=ディズニーランドらしく、
行く前も、行ってからも
マジックキングダムに一番行きたがりました。

ウォーター・パークは、他のパークに比べたらずっとのんびりできましたので、
1日たっぷり時間を取ってもよかったと思います。
ブリザード・ビーチのときは、2人とも2-3時間お昼寝をして、リフレッシュもできました。
余裕があればホテルのプールにも行ってみたかったと思いました。

ディズニー・クエストは、小学生以上ならけっこう楽しめると思いますが、
入学前の幼児ですと、楽しめるゲームも限定されてしまいます。
こどもは行きたがりましたし、ある程度は楽しめますが、
ほかのテーマパークを削ってまで行くところではないと思います。

逆に中学生以上でバーチャル・ゲーム好きなら、
かなり楽しめると思いますので、おすすめです☆彡

今回行ったときはオフ・シーズンで比較的に回れましたが、
WDWは、オン・シーズンでも、カリフォルニアのディズニー・リゾートよりすいていますし、
混雑期は開園時間も長くなりますので、日程配分としては同じような割合でいいような気がします。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れディズニーワールド1◆タイフーン・ラグーン
最近は、ブリザード・ビーチに押されてしまっている感じのタイフーン・ラグーンですが、
子連れには、のんびりした感じのタイフーン・ラグーンもとってもいい感じでした。

今回はこどもとのんびり遊び、大人向けのスライダーなどとは無縁でした。

タイフーン・ラグーンのこども用遊び場
2-5歳向けのこども用遊び場ケチャ・キディーは、
ご覧のような水遊び場や、
子供用ウォータースライダー(浮き輪に乗るタイプ)などがあり、
我が家の5歳児、7歳児ともに
おおはしゃぎで遊んでいました。
タイフーンラグーン、ケチャキディーのスライダー

魚と泳げるシャーク・リーフは、小さいさめ、エイなどもいてとても楽しいところでした。
7歳の娘はニモの友達を見つけたととても喜んでいました。
5歳の息子は、シュノーケリングに慣れずにうまく泳げませんでした。
キャストのお兄さんの差し出す浮き具につかまって進みましたが、
水中を見る余裕はなく、楽しめなかったようです。

我が家の娘が気に入ったのは、大波がくるサーフプールです。
90秒おきに1mを超す大波が来るプールです。
すぐ脇にはこども用のスライダーがありますので
5歳の息子をスライダーで遊ばせながら、
7歳の娘が波のプールで遊んでいるのを眺めていました。
タイフーンラグーンのサーフプール

ブリザードビーチの波のプールもビーチが砂になっているのですが、もっと小さい波で、
タイフーンラグーンのほうが本物のビーチに近い感じでした。

流れるプールの浮き輪は、こどもは上に乗るタイプなのですが、
これがひっくりかえりやすいので要注意です。
ブリザードビーチの浮き輪はこどもも普通の穴があいたタイプです。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れディズニーワールド満喫しました!
子連れディズニーワールド旅行から戻ってきました。
ディズニー・ワールドでバズ・ライトイヤーと

ポップ・センチュリーに8泊しましたが、
滞在中、ディズニーワールドの敷地から一歩も出ずに
マジックキングダム、エプコット、MGMスタジオ、アニマルキングダム、
タイフーンラグーン、ブリザードビーチ、ダウンタウンディズニーと、
ディズニーワールドを思う存分満喫してきました。
滞在中の様子、ノウハウ、情報など、少しずつアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
エプコットのインターナショナル・フード&ワイン・フェスティバル
今年は9/29-11/12までインターナショナル・フード&ワイン・フェスティバルが開催され、
ちょうど我が家が訪れるときなので、楽しみにしています。

魅力的だなと思ったのは、
期間中、アメリカ館前の「アメリカガーデンズシアター」という野外ホールで、
毎晩5:45pm、7:00pm、8:15pmに無料コンサートが行なわることです。
結構な大物アーティストも登場するのですが、パークの入園料だけで楽しめるんです。

個人的にはビーチボーイズとか、スリー・ドッグ・ナイトのときに行きたかったのですが、
我が家が訪れるときも全米ナンバー1に輝いたアーティストが出演しますので、
屋外なので、こどもが飽きたらすぐに出られそうですしぜひ楽しみたいと思っています。

出演スケジュールは、下記の通りです。
9月29日から9月30日 Survivor
10月1日から10月3日 The Family Stone Experience
10月4日から10月7日 Starship featuring Mickey Thomas
10月8日から10月11日 Loverboy
10月12日から10月14日 David Sanborn
10月15日から10月16日 The Beach Boys
10月17日から10月18日 Little Richards
10月19日から10月21日 Three Dog Night
10月22日から10月25日 The Four Tops
10月26日から10月28日 Gloria Gaynor
10月29日から11月1日 The SOS Band
11月2日から11月4日 The Contours
11月5日から11月6日 Chubby Checker & The Wildcats
11月7日から11月8日 Southside Johnny
11月9日から11月12日 Jon Secada

また、エプコットのワールドショーケースの各国パビリオンが並ぶエリアに、
料理やワインの屋台(テント)が出て、
まるでお祭りの屋台のように、各国の食べ物を少しずつ楽しむことができます。
パビリオンを出している国だけでなく、
エプコットのワールドショーケースの各国パビリオンが並ぶエリアに、
料理やワインの屋台(テント)が出て、
まるでお祭りの屋台のように、各国の食べ物を少しずつ楽しむことができます。
パビリオンを出している国だけでなく、
タイやアルゼンチン、トルコ、インド、チリ、ポーランド、ギリシャ、など20カ国、24のブースが出るので、楽しみです。
Africa
South Africa
Morocco Eastern Europe
Poland
Turkey
Asia
Thailand
China
India
Japan
North America
Canada
United States
Wild and Wonderful Florida Shrimp
Hops & Barley Market
Latin America
Mexico
Chile
Argentina
Pacific Rim
New Zealand
Australia
Continental Europe
France
Ireland
Greece
Italy
Oktoberfest
Champagne Northern Europe
Scandinavia

各ブースのメニューはAll Ears Netに載っています。
トルコアイスがないのが残念(^_^.)

ほかに、期間中は1人$125-$175のグルメ向けのイベントや
特別ディナーがいろんなところで味わえるのですが、
子連れの我が家には当分縁がなさそうです。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
ノースウエスト10/28〜11/30発オーランド往復が¥39,000!
オーランド行きの航空券はとっくに購入してあるのですが、
CASツアーのメルマガで、お得な料金を発見しました!
2006年10月28日〜2006年11月30日のノースウエスト航空でのオーランド往復が¥39,800です!(現在は¥39,000になっています)
日本出発が土日、アメリカ発が金土の場合は各5,000円割り増しです。


我が家が10/6発の早割でお願いしたノースウエストの航空券が¥60,000+帰国日割り増しでしたが、
これでもダントツで他より安いんです。
往復で約15,000マイル獲得できることを考えれば、実質1万円ですよね。
(私はいつも1マイル2円で換算して考えています。)
まあ、実際は、サーチャージだの、米国の税金などで24,940円かかるのですが...

アメリカン航空、エアーカナダなどなら、もう少し安かったのですが、
アメリカン航空はアジア路線がなく、2万マイルから使用できる路線が少ないところが×。
エアーカナダ、ユナイテッド航空等は、日本からの到着が夜遅いので1日目は寝るだけですが、
ノースウエスト航空は、初日の17:15や17:38など、わりと早い時間に到着するので、
キャラクターブレックファーストや、エプコットでのイルミネーションズを堪能できる時間があるんです。

だから、今回はノースウエストにこだわったのですが、
11月になればこんなに安くなると知っていたら、11月にしていたかも。
魅力的ですねー!

CASツアーは、ランカウイや、シンガポールなど何度か利用しましたが、
クレジットカードは使用不可です。
でも、CASツアーのコスモ・エアー・システム運営のインターネット予約サイトエアーポイントを利用すれば、
このお買い得値段のままでカード決済可能なんです。
しかも、9月30日まではエアーポイントの新規会員登録で1,000ポイント=1,000円分プレゼントされ、5日後からそのポイントが使用可能なので、実質さらに1,000円引きみたいです。

この航空券に、ディズニーワールドの秋冬の特別料金パッケージを組み合わせると・・・

11/1−11/6の5泊に、6日間のディズニーワールドのベースチケットがついたパッケージが、
オールスターリゾート、ポップセンチュリーのバリュークラスで
大人2人、3-9歳のこども2人だと(0-2歳は無料)
通常料金    3人で$1,167
特別パッケージ 3人で $885

大人2人だと(0-2歳は無料)
通常料金    2人で$986
特別パッケージ 2人で$709

空港−ディズニーワールド間は、空港−WDWの無料送迎:マジカル・エクスプレスで無料ですから、
11/1-11/7、オールスタームービーもしくはポップセンチュリー宿泊で
パークチケットが6日分ついた7日間の手配旅行が
大人2人、3-9歳のこども1人で総額222,060円、ひとりあたり74,060円とけっこうお得な値段ですね。

もう航空券は変更もキャンセルも全額取消料がかかりますし、
宿泊パッケージも$100変更料金がかかるので、日程変更の余地がないのですが、
ちょっとくやしい気分です。

<2006.9.25追記>
昨日の時点でAB-ROAD.netで検索したときは、最安値が39,000円(カード使用不可)だったので、実質38,800円でカード使用可能のほうがいいなと思ったのですが、
今日再度AB-ROAD.netで検索したら、最安値が38,000円(カード使用不可)になっており、
CASツアーも39,000円(エアーポイント利用で実質38,000円でカード使用可)に値下がりしていました。

今は、閑散期の安い時期のほうが満席になることが多いので、
様子を見ているうちに満席になっても困りますし、
いつ予約したらいいか、迷うところですよね。
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | - | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
空港−WDWの無料送迎サービス:マジカル・エクスプレス
ディズニー直営リゾートに泊まる場合、
オーランド国際空港からディズニーワールドの宿泊ホテルまで無料で送迎してくれる、
マジカル・エキスプレスというサービスがあります。

このサービスを申し込むには、
ホテルをディズニー・オンラインで予約したときにフライト情報を入力するか、
後日https://disneyworld.disney.go.com/wdw/reservations/dme/index から予約します。
予約は出発の21日前までに行う必要があります。

予約の際には、宿泊者全員の名前、ホテル予約番号、フライト情報(航空会社・便名・時間)の情報が必要です。

出発前にディズニーマジカルエクスプレスパンフレットが配達されます。
記載されているフライトの内容、荷物に付けるタッグに記載されている内容を確認します。
もしホテルやフライト情報が間違っていたり、変更された場合は1-866-599-0951へ電話連絡してください。

<行き>
日本から到着した最初のアメリカの空港で、入国・税関手続きをします。
再度航空会社に荷物を預ける際に、預ける荷物に、マジカル・エキスプレスのタッグを付けます。
預け入れた荷物の半券は、オーランド国際空港に到着後必要となりますので、紛失しないようにします。
ディズニー・マジカル・エクスプレスのパンフレットもオーランド国際空港到着後必要になりますので、
航空会社に預けず、自分で持って行くバッグにいれておいてください。
手荷物は直接ホテルのお部屋まで配達されますが、到着後3時間後になります
ので、
オーランド到着後直ちに必要になる物に関しては航空会社に預けないようにします。

オーランド国際空港に到着したら、
Baggage Claimのサインに従ってモノレールに乗り、メインターミナルへ向かいます。
ミッキーの手袋をはめたディズニーのスタッフがお出迎えしてくれますので、
その係員の指示に従ってディズニーウェルカム・センターに向かいます。
ウェルカム・センターは空港1階Bサイドにあります。(2006年10月3日にAサイドから移転)

ウェルカム・センターに到着後、宿泊ホテルへの荷物配達の確認手続きを行います。
受付の係員に、パンフレットと預けた荷物の半券を提示してください。
預けた荷物にディズニーのタッグが付いていない場合は、
ターンテーブルより自分で一旦荷物を受け取り、ウェルカム・センターへ持参します。

係員の指示に従い指定されたシャトルバスに乗って、宿泊ホテルへ向かいます。
バスは宿泊ホテルへの直行便はなく、3〜4つのホテルを回ります。
早朝・深夜だとバンのときもあるようです。

直営リゾートのチェックインは午後3時(ディズニー・バケーション・クラブ・リゾートは午後4時)以降ですが、到着後まずチェックインの手続きをします。
パスポート、リゾート予約番号、クレジット・カードが必要です。

<帰り>
前日に出発当日のバスの出発時間と乗り場の案内が部屋に配られます。
バスの出発時間は飛行機の出発時間をもとに決められたものですので、
もしフライト情報が間違っていたり、変更された場合は
ホテルのゲスト・リレーションズへご連絡ください。
バスの出発時間は飛行機出発の約2時間45分前ぐらいです。

当日、指定された時間に、指定されたバス乗り場に荷物を持って集合。
帰路、ハワイやロスで宿泊するなど、国内線のみをご利用の場合は、
直営リゾートで飛行機の搭乗手続きができるリゾート・エアライン・チェックイン・サービスも利用可能です。
もちろん荷物はその場で預け、空港に着いたら搭乗口に直行できます。

現在このサービスを受けられる航空会社は、アメリカン航空、コンチネンタル航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空、ジェットブルー、アラスカ航空です。
国際線に乗り継ぎの方は、このサービスを利用することは出来ませんのでご注意ください。
搭乗手続きの受付時間は午前6時から午後2時までで、
搭乗するフライトの出発時間の12時間〜3時間前まで搭乗手続きが可能です。

オーランド国際空港からディズニーワールドまでは、
リゾートによりますがタクシーで$42-60かかるので(チップ10-15%は別)、
経済的にも非常に助かりますが、
子連れの場合、荷物を持たなくていいのは、とってもうれしいです☆彡
| ユカコ | 子連れディズニー・ワールド2006 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
<new | top | old>