子連れde海外!!つれづれ

<子連れde海外!!>http://www.kozure.netのブログです。
旅行の手配で調べたこと、ホテル・レストランレビュー、旅行記、お得情報などあれこれ書いています。
コメント大歓迎です!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
MY SITE
Facebook Page
BLOG RANKING
RECOMMEND
The Unofficial Guide to Disneyland 2015
The Unofficial Guide to Disneyland 2015 (JUGEMレビュー »)

カリフォルニアのディズニーランド、ユニバーサルスタジオ制覇のためのノウハウ(効率的な回り方、列の並び方、食事の取り方など)が満載。年代別アトラクションの評価、周辺も含めたホテルの評価、徒歩圏のホテルの所要時間や設備一覧など数値化しているのでわかりやすく、定評のある裏ワザガイドです。(英文)
RECOMMEND
Birnbaum's 2015 Disneyland Resort: The Official Guide (Birnbaum Guides)
Birnbaum's 2015 Disneyland Resort: The Official Guide (Birnbaum Guides) (JUGEMレビュー »)
Birnbaum Guides
カリフォルニアのディズニーランドのオフィシャルガイドブック。写真が盛り込まれて、日本のガイドブックに近いつくりです。巻末についている割引クーポンも魅力です。(英文)
RECOMMEND
The Unofficial Guide to Walt Disney World 2015
The Unofficial Guide to Walt Disney World 2015 (JUGEMレビュー »)
Bob Sehlinger,Len Testa
WDW、ユニバーサルスタジオ制覇のためのノウハウ(効率的な回り方、列の並び方、食事の取り方など)が満載。年代別アトラクションの評価、オフィシャル(公式)ホテルvs周辺ホテル、公式・周辺ホテルの評価など。評価は数値化しているのでわかりやすく、定評のある裏ワザガイドです。各リゾートの棟の配列なども載っています。(英文)
RECOMMEND
Birnbaum's 2015 Walt Disney World: The Official Guide (Birnbaum Guides)
Birnbaum's 2015 Walt Disney World: The Official Guide (Birnbaum Guides) (JUGEMレビュー »)
Birnbaum Guides
Birnbaum travel guides
ウォルト・ディズニー・ワールドのオフィシャルガイドブック。写真が盛り込まれて、日本のガイドブックに近いつくりです。巻末についている割引クーポンも魅力です。(英文)
RECOMMEND
The Complete Walt Disney World 2015
The Complete Walt Disney World 2015 (JUGEMレビュー »)
Julie Neal,Mike Neal
英文ですが、535枚のカラー写真が掲載されていて、初めてWDWに行く方でも楽しめます。バズのスペースレンジャースピンやトイストーリーマニアで高得点取る裏技や、裏話、隠れミッキーなど、単なるガイドブックを超えています。
RECOMMEND
R16 地球の歩き方 リゾート オーランド 2014
R16 地球の歩き方 リゾート オーランド 2014 (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室 編
アトラクション・直営ホテルの情報など日本語のウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)のガイドブックの中で一番詳しい!ユニバーサル・スタジオ・フロリダ、シーワールドの情報も詳しいです。2014年8月改定
PROFILE
レゴランド・カリフォルニア<3>アナハイムから電車とバスで
ディズニーランドのあるカリフォルニア州アナハイムからも
レゴランドに日帰りが可能です。

通常のバス・電車といった交通機関で行く場合は次の経路になります。

まず、アナハイムから、メトロリンクまたはアムトラックでオーシャンサイドに行きます。
メトロリンクは平日のみの運行です。
メトロリンク オレンジライン・カウンティ・ラインの時刻表はこちら)
大人料金(19-64歳)は$9.25、こども(6-18歳)$9.25、
シニア(65歳以上)と障害をお持ちの方は$4.75、
5歳以下の幼児は大人ひとりにつき、3人まで無料です。
ホームにある自動販売機で切符が買えます。

アムトラックは、乗るときにパスポート、クレジットカードが必要です。
アムトラックの時刻・チケット予約はこちら
ユニオンステーション−アナハイムのアムトラック料金は
大人16歳以上$15.00、こども2-15歳$7.50、1歳以下無料です。

オーシャンサイドからカールスバッドヴィレッジへは101番のバスかコースターです。
101番バスの時刻表はこちら
料金は5歳以下無料、6〜59歳$2.00、シニア・障害者$1.00です。
カールスバッドヴィレッジまでバスに乗るのであれば、
デイパスを買ったほうが安上がりです。

コースター(通勤電車)の場合、
オーシャンサイド駅でコースターに乗り換え、
カールスバッドヴィレッジ駅で降ります。
ホームの自動販売機で切符を買い、
自動検札機に切符を入れて使用済みにします。
日本でよくある、改札口にあるタイプではなく、
ホームにある機械に切符を差し込むだけです。
(コースターCOASTERの時刻表はこちら)
オーシャンサイドからカールスバッド・ヴィレッジはゾーン1で、
5歳以下無料、6〜59歳$3.75、シニア・障害者$1.75です。
サンディエゴ−カールスバッドは約50分です。

カールスバッド・ヴィレッジCarlsbad Village駅のレゴランド行バス停は、
ホームの西側(海側)にあります。
ここから344番のバス、
レゴランド経由パロマー大学行PALOMAR COLLEGE VIA LEGOLANDに乗ります。
レゴランドの敷地内に入ってから最初の停留所は従業員用入り口、
次の入り口が入場口前です。
344番バスの時刻表はこちら
2006年6月24日現在
平日は朝5:45〜19:45の毎45分に駅出発で、17分後にレゴランド到着です。
土曜日は若干本数が減り、日曜は運休なのでご注意ください。

我が家は7:45のバスに乗り、8時に到着して
9時の開園まで1時間も待っていました。
9時に着くバスもあったのですが、そちらは電車との接続が悪かったのです。
料金は5歳以下無料、6〜59歳$2.00、シニア・障害者$1.00です。

帰りは最初の1本のみ5:59レゴランド発→6:19駅到着ですが、
7:19〜20:19まで、毎19分にレゴランド発、39分に駅到着です。(平日)
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
レゴランド・カリフォルニア<2>カールスバッド・ プレミアム・アウトレット
アウトレットが大好きなので、
レゴランドの帰りにカールスバッド・ プレミアム・アウトレットに寄りました。

日本で調べたのですが、バスでの行き方がよくわからなかったので、
レゴランドのインフォメーションの係りの方に、
アウトレットへの行き方を教えてもらいました。

レゴランドの入場口近くのバス停から、344番のバスに乗ります。
344番バスの時刻表はこちら
料金は5歳以下無料、6〜59歳$2.00、シニア・障害者$1.00です。
帰りは最初の1本のみ5:59レゴランド発→6:19駅到着ですが、
7:19〜20:19まで、毎19分にレゴランド発です。

バスが大通りのパロマー・エアポート・ロードPalomar Airport Roadを
走り始めて5分ぐらい?で左側にコスコCOSTCOが見えてきますので、
大通りを右に曲がる前にバスを降ります。

I'd like to go to Costco.
アイド ライク トゥ ゴウ トゥ カスコ
とでも運転手さんに言って教えてもらいましょう。

左側に見えているCOSTCOの角で交差している
パセオ・デル・ノルテPaseo del Norteを右に行ったところがアウトレットです。
坂道を上がっていくと、お花畑、ホリディインなどがあり、アウトレットがあります。
バス停から徒歩10-15分ぐらいだったと思います。

アウトレットに到着する前に次男はベビーカーでぐっすり寝てしまいました。
中華のファーストフード、パンダエクスプレスで夕食後、買い物。
服はオシュ・コシュ、カーター、ベビーギャップ、トミー・ヒルフィガー、
ポロ・ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、
靴はストライド・ライト・ケッズ・スペリー、ハッシュ・パピー、
コール・ハン、ナイン・ウエストなどなど。
ウエッジウッド、ル・クルーゼ、コーチ、サムソナイトなどもあります。
扱ブランド一覧はこちら


今回はオシュコシュで次男の服いろいろや長女の下着、トレーナー、
トミー・ヒルフィガーで夫や長男のTシャツやキャップ、デイパック、
自分にハッシュ・パピーのパンプス数足、
次男にストライドのスニーカーなどなど、両手いっぱい持てるだけ買いました。
特にハッシュ・パピーの靴は履きやすくて疲れないのでお気に入りです。
いつもアメリカに行くたびに買いだめしてきます。

駅から直接アウトレットに行く場合は、
カールスバッド・ポインセチアCARLSBAD POINSETTIA駅、
カールスバッド・ヴィレッジCARLSBAD VILLAGE駅からバスが出ています。
平日は
19:08アウトレット前発カールスバッド・ポインセチア駅19:08
20:16アウトレット前発カールスバッド・ヴィレッジ駅20:35着が最終です。
土曜日はバスの本数が少なくなり、日曜は運休しますので注意が必要です。
321番バスの時刻表はこちら

私たちは、インフォメーションでタクシーを呼んでもらい、
カールスバッド・ポインセチア駅まで行きましたが、
確かチップも込みで$20ほどでした。

タクシーで行くなら、
アウトレット、レゴランドともに、
カールスバッドポインセチア駅からのほうが、近いようです。
タクシーが待っている場所ではないので注意が必要です。
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
レゴランド・カリフォルニア<1>サンディエゴからバスと電車で
今回の旅行で楽しみにしていたのは、かなり評判が良かったレゴランド。
特にレゴ好きでなくても、
小学校3〜4年生ぐらいまでのお子さんならとても楽しめるところです。
子連れにはとてもおすすめのテーマパークです。

レゴで作られたシマウマ
 ↑レゴでできています。

ここは、ディズニーランドのあるアナハイムとサンディエゴの中間にあり、
レンタカーなら、サンディエゴからは30分ちょっと、
アナハイムからは1時間ちょっとのところです。

今回は小1と4歳を連れての母子旅行で、
私はここ10年ほどは日本でレンタカーを運転する程度なので、
ここもやはりバスと電車で行きました。
我が家は最終的にサンディエゴから向かうことにしました。

まず、サンディエゴのサンタフェSanta Fe駅から
コースター(通勤用電車)に乗り、
カールスバッド・ヴィレッジへCarlsbad Village向かいます。
オールドタウン駅にも止まりますから、
近いほうから乗ればいいと思います。
朝にレゴランドに向かうのは下り方向ですから、そんなに混んでいません。
コースター

ホームの自動販売機で切符を買い、
自動検札機に切符を入れて使用済みにします。
日本でよくある、改札口にあるタイプではなく、
ホームにある機械に切符を差し込むだけです。
(コースターCOASTERの時刻表はこちら)サンディエゴ、オールドタウンからカールスバッド・ヴィレッジはゾーン4で、
5歳以下無料、6〜59歳$5.50、シニア・障害者$2.50です。
サンディエゴ−カールスバッドは約50分です。

カールスバッド・ヴィレッジCarlsbad Village駅のレゴランド行バス停は、
乗ってきた電車の進行方向(北・ロス方面)に向かってホームの左側にあります。
ここから344番のバス、
レゴランド経由パロマー大学行PALOMAR COLLEGE VIA LEGOLANDに乗ります。
レゴランドの敷地内に入ってから最初の停留所は従業員用入り口、
次の入り口が入場口前です。
344番バスの時刻表はこちら
2006年6月24日現在
平日は朝5:45〜19:45の毎45分に駅出発で、17分後にレゴランド到着です。
土曜日は若干本数が減り、日曜は運休なのでご注意ください。

我が家は7:45のバスに乗り、8時に到着して
9時の開園まで1時間も待っていました。
9時に着くバスもあったのですが、そちらは電車との接続が悪かったのです。
料金は5歳以下無料、6〜59歳$2.00、シニア・障害者$1.00です。

帰りは最初の1本のみ5:59レゴランド発→6:19駅到着ですが、
7:19〜20:19まで、毎19分にレゴランド発、39分に駅到着です。(平日)
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
カリフォルニア・ディズニー・リゾートのアトラクション身長・年齢制限
子連れでテーマパークにいく場合、
アトラクション(乗り物)の年齢制限、身長制限が気になりますよね。

ディズニー・ランドの場合、102cmあればインディジョーンズ以外は乗車可能ですが、
カリフォルニア・アドベンチャーでは、7つのアトラクションに乗れません。

《ディズニーランド・パーク》
身長89cm以上
ガジェットのゴーコースター
マッターホーン・ボブスレー

身長102cm以上
ビッグサンダー・マウンテン
スプラッシュ・マウンテン (8歳未満は身長制限をクリアしても大人の同乗が必要)
スター・ツアーズ

身長117cm以上
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー

単独乗車:身長132cm以上(※同乗なら1歳以上)
オートピア(こども単独での運転には132cm以上必要ですが、大人と同乗なら1歳以は乗車可能です)

3歳以上で身長132cm以下
グーフィーのはずむ家


《ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク》
身長82cm以上
レッドウッド・クリーク・チャレンジ・トレイルのログ・スライド

身長102cm以上
トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー
ソアリン・オーバー・カリフォルニア
ジャンピン・ジェリーフィッシュ

身長107cm以上
タック&ロールのドライブ・エム・バギーズ (同乗者)
グリズリー・リバー・ラン
レッドウッド・クリーク・チャレンジ・トレール・フィーチャリング・マジック・オブ・ブラザー・ベアー
マルホーランド・マッドネス

身長122cm以上
タック&ロールのドライブ・エム・バギーズ(ドライバー。同乗は107cm以上)
カリフォルニア・スクリーミン
オレンジ・スティンガー

身長132cm以上
マリブーマー

体重90.7kg以下!
オレンジ・スティンガー

体重158.7kg以下!
ジャンピン・ジェリーフィッシュ
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<3>
ユニバーサルスタジオからの帰り、
運悪くシャトルバスを逃してしまい、
メトロリンクの終電にギリギリ間に合わない感じになってしまいました。
まあ、アムトラックに乗って帰ればいいや
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<2>の経路です)
と軽く考えていました。
ところがアムトラックのチケット売り場に行ったら、
公的身分証明書がないと、チケットを買えないことが判明。
パスポートはコピーを持ち歩いていたので買えず、
別のルートで帰ることになってしまいました。

本当ならメトロ(地下鉄)Metroのレッドラインで、セブンスストリート7th Street駅へ行き
メトロバス460番に乗ってそのままディズニーランドへ戻るのがいちばん簡単なのですが、
まだ夜の7時前とはいえ、夜のダウンタウンは治安が悪いらしいので、
アナハイムで手に入れた交通局の市バスガイドをながめて検討。

郊外までメトロ(地下鉄)Metroで行き、そこからメトロバス460番に乗ることにしました。

<無料送迎バスでユニバーサルシティ駅へ>
ユニバーサル・シティからは、
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド行きの無料シャトルバスがあります。
シャトル停留所は出口を出てすぐの地球儀のある噴水を左に行った、
到着したのと同じ場所になります。
シャトルは約15分間隔で循環しています。
バスが到着したところから、バスが進行
してきたのと同じ方角に向かって横断歩道を渡れば、地下鉄の駅です。

<地下鉄レッドラインでセブンス・ストリート駅へ>
ハリウッドハイランド駅で改札を出て、メトロ(地下鉄)Metroに乗り、
9つ目の駅、セブンスストリート7th Street駅で降ります。

メトロは1回の乗換えごとに料金がかかります。
3回乗り換えすることになりますから、
1日乗り放題のデイパス(5歳−64歳が$3、4歳以下の幼児2人まで無料)を買ったほうが安くなります。
デイパスは自動販売機で変えます。
メトロの料金は5歳−64歳が$1.25、65歳以上・障害者$0.45です。
4歳以下の幼児2人まで無料です。

帰りは来た電車に乗ればいいのですが、
ユニバーサルスタジオに向かうときは途中で路線が分かれるので
ウィルシャー/ウエスタンWilshire/Westernではなく
ノース・ハリウッドNorth Hollywood行きに乗り、
ユニバーサル・シティUniversal City駅で下車してください。

運転間隔は10〜20分です。(地下鉄レッドラインの時刻表

<地下鉄ブルーラインに乗り換えウイルシャー駅へ>
セブンスストリート7th Street駅でブルーラインに乗り換えます。
郊外に向かうときは南方面SouthboundのLong Beach Transit Mall行きに
(途中で止まる電車もありますが、どれに乗っても大丈夫です)、
7th Streetに向かうときは北方面Northboundの7th Street行きに乗ります。
10番目のインペリアル/ウイルミントンImperial/Wilmington駅で降ります。
※このブルーラインのアナハイムAnaheim駅は、
ディズニーランドのあるアナハイムとはまったく別の場所にある駅ですから
ご注意ください。

運転間隔は5〜20分で頻繁に来ます。(地下鉄ブルーラインの時刻表

<地下鉄グリーンラインに乗り換えノーウォーク駅へ>
インペリアル/ウイルミントンImperial/Wilmington駅でグリーンラインに乗り換えます。
ノーウォークNorwalk(I—605/I—105)駅は終点ですので、
ノーウォークに向かうときは東方面EastboundノーウォークNorwalk(I—605/I—105)行きに乗り、終点で降ります。

運転間隔は7〜20分です。(地下鉄ブルーラインの時刻表

<バスでディズニーランドへ>
ノーウォークNorwalk(I—605/I—105)駅前にバスターミナルがありますので、
そこからメトロバス460番のディズニーランドDisneyland行に乗り、
終点のディズニーランドまで行きます。
(逆方向、ディズニーランドから乗る場合は5th&Los Angeles(Down Town)行きになります。)

早朝以外はおおよそ30分間隔で運行です。
メトロバス460番の時刻表はこちらをクリック

バス料金は5歳−64歳が$1.25で、65歳以上と障害者は$0.45です。
4歳以下の幼児は大人ひとりにつき2人まで無料です。
おつりは出ないので小銭をご用意ください。

ユニバーサルスタジオ
   ↓無料送迎バス7分(徒歩12分)
ユニバーサル・シティ駅
   ↓レッドライン デイパス$3.00/17分
セブンスストリート駅
   ↓ブルーライン 22分
  ウイルシャー駅
   ↓グリーンライン 12分
  ノーウォーク駅
   ↓メトロバス $1.25/63分
 ディズニーランド
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<2>
ユニバーサルスタジオの帰り、
メトロリンクの終電(18:30)は早いので、
それより遅く帰りたい場合はアムトラックを利用するルートがあります。
これだと帰りのユニオンステーション発は22:10が終電になります。

<無料送迎バスでユニバーサルシティ駅へ>
ユニバーサル・シティからは、
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド行きの無料シャトルバスがあります。
シャトル停留所は出口を出てすぐの地球儀のある噴水を左に行った、
到着したのと同じ場所になります。
シャトルは約15分間隔で循環しています。
バスが到着したところから、バスが進行
してきたのと同じ方角に向かって横断歩道を渡れば、地下鉄の駅です。

<地下鉄レッドラインでユニオン・ステーション駅へ>
ハリウッドハイランド駅で改札を出て、メトロ(地下鉄)Metroに乗り、
終点のユニオン・ステーション駅で降ります。
ユニオン・ステーションまでの料金は5歳−64歳が$1.25で、
65歳以上と障害を持っている方は$0.45です。
4歳以下の幼児2人まで無料です。

帰りは来た電車に乗ればいいのですが、
ユニバーサルスタジオに向かうときは途中で路線が分かれるので
ウィルシャー/ウエスタンWilshire/Westernではなく
ノース・ハリウッドNorth Hollywood行きに乗り、
ユニバーサル・シティUniversal City駅で下車してください。

運転間隔は10〜20分です。(地下鉄レッドラインの時刻表はこちらをクリック

<アムトラックでアナハイム駅へ>
ユニオンステーションの地下鉄改札を出て、階段を上ったところに
アムトラックの乗車券売り場があります。
乗車前にチケットの購入が必要になりますので、
利用することがわかっているなら、
行きに購入しておくと便利だと思います。
30分ぐらい前には購入しておきたいところです。
購入にはパスポートと
身分証明書としてのクレジットカード(マスター、VISA、アメックス、ダイナース)
が必要になりますので、ご注意ください。

ユニオンステーション−アナハイムのアムトラック料金は
大人16歳以上$9.50、こども2-15歳$4.75、1歳以下無料です。

<アナハイム駅〜ディズニーランド>
アナハイム駅からはOCTAバス50番のバスになります。
駅の前の通りの信号を右に出てカテラ通りKatella Avenueまで出るとバス停があります。
ディズニーランド方面はロングビーチLong Beach行、
アナハイム駅に向かうには
ヴィレッジ・アット・オレンジThe Village at Orange行になります。
ハーバー通りHarbor Streetで下車すると、
ディズニーランドの南側になりますので、そこからホテルに戻ります。

昼間は20-30分に1本の運行です。
50番のバスのルートマップ、時刻表はこちらです
バス料金は7歳−64歳が$1.25で、65歳以上と障害を持っている方は$0.50です。
6歳以下の幼児は3人まで無料です。
おつりは出ないので小銭をご用意ください。

※アナハイム駅からディズニーランド周辺までは、
 タクシーで10分、$10〜$15ぐらいですから、
 家族連れならタクシー使用がおすすめだと思います。

<関連記事>
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<1>

ユニバーサルスタジオ
   ↓無料送迎バス7分(徒歩12分)
ユニバーサル・シティ駅
   ↓レッドライン$1.35/26分
ユニオンステーション駅
   ↓アムトラック$9.50/43分
 アナハイム駅
   ↓OCTAバス$1.25/10分
ディズニーランド南、カテラ通りバス停
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
アナハイム−ダウンタウン−ユニバーサル・スタジオを電車とバスで<1>
宿泊しているアナハイムからユニバーサル・スタジオ・ハリウッドまでは、
便利なシャトルバスもありますが、節約しようと電車とバスで行きました。
片道$6.85と格安で移動できます。

<OCTAバスでフラートンまで>
まず、ハーバー・ブルバードHarbor Blvd(ハーバー通り)のディズニーリゾート入り口ディズニーランドの通りをはさんだ向かいのバス停から
(ハーバー・ブルバードのマクドナルドがあるほうの側)
OCTAバス43番フラートンFullertonまたはラ・ハブラLa Habra行き
(帰りはコスタ・メサCosta Mesa行き)の北へ向かうバスに乗ります。
始発はAM4:40、終バスはフラートン翌日AM3:27でほぼ終日運転で
15分〜30分の運転間隔です。
(43番のバスの時刻表、ルートマップはこちらをクリック)
バス料金は7歳−64歳が$1.25で、65歳以上と障害を持っている方は$0.50です。
6歳以下の幼児は大人1人につき3人まで無料です。
おつりは出ないので小銭をご用意ください。

フラートン・トランスポーテーション・センターFullerton Transportation Center
で下車し、メトロリンクMetrolinkに乗り換えます。
降りてすぐの駅がメトロリンクMetrolink:オレンジカウンティラインOrange County LineのフラートンFullerton駅です。

<メトロリンクでユニオンステーションまで>
フラートンFullerton駅−L.A.ユニオン・ステーションL.A.Union Station駅は平日のみの運行です。
メトロリンク オレンジライン・カウンティ・ラインの時刻表はこちら)
大人料金(19-64歳)は$5.75、こども(6-18歳)$5.75、
シニア(65歳以上)と障害をお持ちの方は$3.00、
5歳以下の幼児は大人ひとりにつき、3人まで無料です。
ホームにある自動販売機で切符が買えます。

所要時間は約40分で、
始発はフラートン発AM4:51、
終電がユニオンステーションPM6:30発と早いのでご注意ください。
朝夕の通勤時間帯はほぼ30分間隔の運転です。
(メトロリンク:オレンジカウンティラインOrange County Line時刻表はこちらをクリック)

<地下鉄レッドラインでユニバーサルシティ駅へ>
ユニオンステーション駅で改札を出て、メトロ(地下鉄)Metroに乗り換えます。
メトロ(地下鉄)の路線図
地下鉄方面への改札を上がったところに窓口があったので、
ここで切符を買うのかと並んでしまい時間をロスしてしまいましたが、
切符は階段を下りた地下鉄入り口の自動販売機で買います。
ユニバーサル・シティまでの料金は5歳−64歳が$1.25で、
65歳以上と障害を持っている方は$0.45です。
4歳以下の幼児2人まで無料です。

途中で路線が分かれるのでウィルシャー/ウエスタンWilshire/Westernではなく
ノース・ハリウッドNorth Hollywood行きに乗り、
ユニバーサル・シティUniversal City駅で下車してください。

運転間隔は10〜20分です。(地下鉄レッドラインの時刻表はこちらをクリック

<無料送迎バスでユニバーサルスタジオへ>
ユニバーサル・シティ駅からは、
ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド行きの無料シャトルバスがあります。
シャトル停留所は駅から道路を渡った所にある坂道の向かって右側にあり、
横断歩道を2つ渡ることになります。
シャトルは約15分間隔で循環しています。

バスが着いたところはシティ・ウォークです。
左側に1分ほど歩けば、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに到着です。

ディズニーランド向かいバス停
   ↓OCTAバス$1.25/23分
 フラートン駅
   ↓メトロリンク$4.25/40分
ユニオンステーション駅
   ↓レッドライン$1.35/26分
ユニバーサル・シティ駅
   ↓無料送迎バス7分・徒歩12分
ユニバーサルスタジオ

2時間ぐらいかかり、シャトルバスより30分ほど余分にかかる感じです。
ロス・アナハイムではいつも夫が運転するレンタカーかシャトルバスでしたので、
公共交通機関ははじめて利用したので、楽しい経験でした。
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
ロサンゼルス空港−アナハイム格安おすすめシャトルバス
2005年10月に利用して(子連れカリフォルニア旅行<6>機内、ロサンゼルス到着、ホテルへ
一番安いのにとてもよかった、ロスの空港−アナハイムの
シャトルバス会社の名称が判明しました。
運転手さんに連絡先のカードをもらったのですが、
誤って捨ててしまったようで見つからなかったんです。

白が基調で赤いラインのアクセントの
ミッキーズ・スーパー・シャトルMickey's Space Ship Shuttle
http://www.mickeysspaceshipshuttle.com/

でした。
ロサンゼルス空港(LAX)−アナハイムの運賃が、
大人       片道$15、往復$25
こども(10歳以下)片道$10、往復$20
と一番安いんです。

しかも9人乗りのバンでのシャトルなので、
ほかのシャトルサービスのように、満員になるまで空港ターミナルを40分ぐらいぐるぐる回られるようなことはないと思います。
人数が少ない分、アナハイム到着後、乗客を降ろすためのホテルでの停車も
平均3箇所とのことなので旅先の貴重な時間も無駄になりませんね。
運転手さんは二人とも年配の方で、運転も丁寧でした。

大手のシャトルバンサービスの
青い車体のスーパー・シャトルSuperShuttle
エンジの車体のプライム・シャトルPRIME TIME SHUTTLE
ともに料金は、大人、子供ともに片道$16です。
スーパーシャトルのオンライン予約$2割引のクーポンはこちらをクリックしてください。

ミッキー、ミニー、ドナルドダッグ、グーフィーのディズニーの塗装が楽しい
エアポートバスAirport Bus
大人       片道$19、往復$28
こども(3〜11以下)片道$16、往復$20です。
日本からの飛行機が到着する昼間の時間帯は毎時00分と30分の出発です。

<関連記事>
子連れカリフォルニア旅行<6>機内、ロサンゼルス到着、ホテルへ
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
子連れカリフォルニア旅行<12>ディズニーランド1日目-2
少し遅めのお昼寝から目覚めたら、
ホテルからディズニーランドの途中のマクドナルドで夕食。
おとぎの家のようなファミリーレストランMimi's Cafeに入ってみたかったけど、
こどもたちは「マクドナルドがいいー!」

食事を終えたら「リメンバー:ドリーム・カム・ トゥルー」の会場へ。
50周年を記念するとっても豪華な花火ショーです。
ディズニー映画やアトラクションなどで使用した音楽にあわせた演出で、
まさにディズニーならではのファンタジーショーです。

メイン会場の眠れる森の美女の城前は大混雑という事前情報に従い、
第二会場のイッツ・ア・スモールワールド前で待機。
メイン会場同様、イッツ・ア・スモールワールドの壁にアニメを映したりしますし、
周囲との間隔も十分とれて、こどもたちも十分に花火を堪能できました。
ティンカーベルが降りてくるのも見られます。
花火
翌日、案外すいていると思ってお城の前に行ったら、たいへんでした。
大人はともかく、こどもは抱き上げないと見られません。
子連れは、イッツ・ア・スモールワールド前がおすすめです。

「リメンバー・ドリーム・カム・ トゥルー」を堪能したら、
次は「ファンタズミック」です。

このショーは2回あるときと1回のみのときがあるのですが、
1回のみのとき>2回あるときの1回目>2回あるときの2回目
といった混雑度ですので、
夜遅くまで起きていられるようなら「2回あるときの2回目」がおすすめです。

2回目のファンタズミックを見ることにして、少し乗り物へ。
この時間帯はファンタズミックを見ようとしている人が多いので
アトラクションはすいているんです。

2回目の開始10分ほど前に会場に戻り、場所を確保。
けっこう見やすい位置で大満足。
「ファンタズミック」のテーマは<イマジネーション>。
ファンタズミックのウッデイ
ミッキーがディズニーの悪役たちを倒すショーで、
水のスクリーン、噴水、火などをふんだんに使って演出したショーで、
絶対おすすめの、見逃せないショーです。
ファンタズミックのウッデイ2
ディズニーワールドのファンタズミックも鑑賞しましたが
私はディズニーワールドのファンタズミックより、
ディズニーランドのファンタズミックのほうがずっと好きです。

大好きなキャラクターが出てくるので、こどもたちは夢中で見ていました。
ファンタズミックのミッキー

「リメンバー:ドリーム・カム・ トゥルー」「ファンタズミック」
ふたつとも必見のショーです。ぜひ見逃さないでくださいね!
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
カリフォルニア・ディズニーリゾートのアンオフィシャルガイド
我が家のアメリカ旅行で欠かせないのは、
現地の裏技・クチコミガイドの「アンオフィシャルガイド」シリーズです。
ディズニーリゾートに行ったときも、もちろん大活躍です。
The Unofficial Guide to Disneyland, 2007 (Unofficial Guide to Disneyland)
The Unofficial Guide to Disneyland, 2007 (Unofficial Guide to Disneyland)
Bob Sehlinger, Menasha Ridge Press¥1,810

英文ですが、100点満点での評価、5段階評価など、数値での評価が多いので、アトラクションやホテル、レストランの名前と評価だけでもたいへん役に立ちます。(ディズニーランドって、WDWに比べて日本語での情報が少ないんです。)
アトラクションの評価は、著者の10段階評価のほか、
大人こども含めて年代別の評価もあり、
Pre-school就学前、Grade School小学生、 Teens13-19歳、
Young Adults 20代、Over 30 30歳以上、 Senior Citizens熟年
それぞれについて10段階評価をしていますので、
子連れだけでなく、3世代の旅など年代の違う方との旅行にも役に立ちます。
また、アトラクションの所要時間、おおよその待ち時間、
交替乗車ができるアトラクション、乗り物酔いしやすいアトラクション、
こどもがこわがりやすいアトラクション、など詳細な情報が載っています。

効率よく回るための、おすすめのアトラクション攻略ルートも
乳幼児連れ、大人だけ、パークが早く閉まる日用、遅くまで営業している日用など、
滞在日数別に載っていますし、
巻末にはその順番を地図とともに記したポケットガイドがついていて、
当日はそれを破って持参し、効率的に回れるようになっています。
レストランやおみやげ、飲み物やスナックなど
気になる費用の目安なども乗っていますし、
表形式などわかりやすく記載されていますので、
アトラクションの英語表記さえわかるようでしたら、
英語に自信のない方でも活用できると思います。
英文のガイドブックによくあるような、
写真の入っていないペーパーバックです。
ページは少ないですがユニバーサルスタジオの攻略法も載っています。

ホテルの評価は、周辺のホテルと合わせて、
・ホテルの総合評価 10段階
・部屋の質の評価 100点満点
のほか、宿泊料を考えたベストディール(お買得)トップ30もあります。

アンオフィシャルガイドとあわせて使うといいのが、
オフィシャルガイドのBirnbaum¥'s Disneylandです。
Birnbaum¥'s 2007 Disneyland Resort (Birnbaum¥'s Disneyland Resort)
Birnbaum¥'s 2007 Disneyland Resort (Birnbaum¥'s Disneyland Resort)
Birnbaum Travel Guides¥1,868

オフィシャルガイドのほうは写真がふんだんに使ってあって、
日本人にはなじみやすいつくりです。
アトラクションも、写真が載っていればどんなものかわかりやすいですよね。
周辺のホテルの情報もありますし、
巻末に割引券がついているのですが、
ほかのガイドブックの使えないものばっかりの割引券とは違って、
ディズニー・リゾートのショップ(一部除外店あり)で
$50以上の買い物をすれば10%割引になる券など、
使えるクーポンがいっぱいですので、
まとめておみやげや洋服、おもちゃなどを買えば本代の元が取れます。

今回の旅行では、サンディエゴにも行ったので、
カリフォルニアの子連れ旅編も役に立ちました。
The Unofficial Guide To California With Kids (Frommer¥'s Unofficial Guide to Californian With Kids)
The Unofficial Guide To California With Kids
(Frommer¥'s Unofficial Guide to Californian With Kids)¥1,900

Colleen Dunn Bates, Susan Latempa

ディズニーランドと一緒にラスベガスも回る場合、
ラスベガス(LV)のアンオフィシャルガイドもおすすめです。
The Unofficial Guide to Las Vegas, 2007 (Unofficial Guide to Las Vegas)
The Unofficial Guide to Las Vegas, 2007 (Unofficial Guide to Las Vegas)
Bob Sehlinger, Deke Castleman, Muriel Stevens, Lynne F. Bachleda, Chris Mohney
| ユカコ | 子連れアナハイム・サンディエゴ2005 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
そのほかの子連れ旅行ブログを探すなら・・・
にほんブログ村「子連れ旅行」カテゴリーへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
<new | top | old>